盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 27日

命日

4、5日前から無性にお赤飯が食べたくて
しかも、実家風の味付けの甘~いお赤飯が食べたくて仕方なかった。

お赤飯の作り方は
蒸す→シトをうって豆を混ぜる→蒸す という単純な作業だけれど
もち米を前日にとがなくてはいけないので
それを忘れてついつい先延ばしにしていたら
昨夜、何か憑いているんじゃないかと思うくらい俄然食べたくなった。

姉から電話がきて気が付いた。
27日は父の命日だった。

親不孝なワタシはお葬式をした3月初めが命日と思い込んでいたのだった。

父さん、もしかしてお赤飯食べたかったの?

作るのに間に合わないので、今日は某店の甘いお赤飯を買ってきて供えた。
でも、父だったらビールとか日本酒を要求しそうなもんだけどなあ。

父の亡くなった日はとても寒かった。
やはり、今年は暖かだなあ。


f0031978_19315210.jpg

[PR]

by nanbuneko | 2009-02-27 20:30 | その他 | Comments(2)
Commented by tomokeda at 2009-02-28 10:29
おはようございます。
急に思い立った時は、炊飯器のおこわコースで作るのも
早くて良いですよ。確かに美味しさは、ちゃんと2度蒸しした
方が美味しいのですけど・・・。
Commented by nanbuneko at 2009-02-28 22:33
■tomokedaさん、
炊飯器のおこわコースって、お米をといですぐ炊いてもいいのかな?
普段、ガスで炊飯しているので、電気炊飯器は仕舞い込んだままなんです・・・。こんど試してみます!


<< 今朝方の夢      柴犬 >>