2006年 03月 08日

道路の脇を占領していた雪山も いつの間にかなくなり
あの雪は一体なんだったの?てかんじで
春は急にやって来る。

人生も終わってしまえばそんなモンかも・・・

少なくとも自分の人生には 華とか賑わいとかは無さそうだし。

20代の頃から 好きな言葉は 「平常心」
確かに 燃え滾る何か・・とか 沸き起こる情熱・・とか
そんなものとは無縁な自分。

父は 家庭人としては 褒められるタイプではなかったが
好きなように生きたところも 結構有り
それはそれでいい人生だったのではーと私は思っている。

去年の春に 父が肺に水が溜まって入院した時
苦しがり 意識も混濁していそうだったが

「生きるってたいしたことねえな」

と 付き添っている姉の前でつぶやいたそう。

「たいしたことねえな」 かあ・・・

父は死の直前なんて思ったんだろうか。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-08 22:54 | その他 | Comments(0)


<< 憑依の一種?      甥の体験 >>