盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 03月 24日

死生観2

今朝 昨夜のブログを読み返していて気がついた。
10歳と15歳の命に対する区切りのような感覚。

9歳の時 虫垂炎を起こし処置が遅れて 盲腸破裂。
腹膜炎を起こしかかったことがあった。
酷い痛みで苦しんでいたら お腹がパンパンに腫れてきて
歩くことも出来なくなった。
病院へ向かう車の中で子供ながらも
「自分は死ぬのかも・・・・・」を思っていた。
医師からは連れてくるのがもう少し遅かったら
危なかったー といわれたそうだ。

14歳の時、指の擦り傷からばい菌が入り
高熱で苦しんだ後 リンパ管炎を起こし
リンパ管が破れて膿が漏れ出し(コレが酷い匂い)
3ヶ月間 運動が出来ないーという経験をした。

半年ぐらい早めだが 10歳と15歳・・と符合する?

なんか今気がついて 妙に納得(こじつけ?)
何で今まで 関連を考えなかったんだろうー。

コレが予知のようなものだとしたら
60で死ぬな~ とか思ったら ホントにそうなりそうで
なんか 凄く怖い気がしてきた。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-24 07:52 | その他 | Comments(0)


<< 蟲師      死生観 >>