2006年 03月 28日

夢に浮かぶもの

夢に 当然 ばーんと大きく何か暗示的な画がでてきて
目覚める・・ということは 誰でもあることなんだろうか。

時々 変な夢を見るときがある。
ストーリーも何もなく一枚の画のようなものが
夢いっぱい・・というか脳裏いっぱいに広がった感じで
目覚めるのだ。

蟲師1に「柔らかい角」という話が載っているが
読んでいて思い出したのが
三半規管がばーんとアップで出てきて眼が醒めたこと。
あれって 変な夢だったなー。

それと 
網模様(皿等に良くみる白地に青の網が書かれたもの)の網が
三色(床屋さんの看板のグルグルしてるのと同じ)で描かれていて
脳裏いっぱいに 広がった感じで眼が醒めたり・・・

あとで 本で調べたら
網模様の「アミ」は京都では 血管を表すとされ
中風(脳溢血)のおまじないに使われたりするそう。

また床屋のあのグルグルの3色は
人間の静脈と動脈を表しているとか。

てことは 『3色網模様』は血管て意味?

・・・辻褄は合うが 何故脳裏いっぱいに広がってる夢で
起こされニャ いかんのか・・・しかも 血管?????

訳がわかんない。
友人k子に話すと
「そんな夢 貴女しかみない。
あ、 人様に言うのはやめなさいね」といわれた。

でも 誰かに言いたいんだよ~。
だからブログ始めたんだし・・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-28 19:25 | もののけの気配 | Comments(0)


<< 春の吹雪      蟲師5巻 >>