盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 04日

岩鷲山の碑

昨夜、暴風で何度も目が覚めました。

朝起きると霙っぽい雪・・・いよいよかあ・・・。






この写真は少し前、晴天の日に盛岡八幡宮で撮ったものです。


八幡宮の中でもひっそりと目立たない場所にあって

撮った事すら忘れていたのですが

先ほど写真の整理をして眺めていたら

この碑が何故八幡宮にあって、しかも地味な場所に佇んでいるのか

妙に気になって検索してみました。




f0031978_16492457.jpg


もともとは生姜町の神明社の別当(岩鷲山自光坊)の屋敷に建てたものだそうで

明治維新後、神明社が廃社となった後

八幡宮まで曳き運んで移されたようです。


移動されるにあたってのちょっと恐い伝説があるようですが・・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2010-12-04 19:04 | もののけの気配 | Comments(2)
Commented by tomokeda at 2010-12-05 15:07
こんにちは。
あれ~こんな碑ありましたっけ~?σ(^_^;)アセアセ
移動にあたってのちょっと怖い話しって、何だろう~。
知りたいような知りたく無いような・・・。σ(^_^;)アセアセ
Commented by nanbuneko at 2010-12-05 19:59
■tomokedaさん
あるんですよー、護国神社よりの目立たない場所なんですが・・・。

なんでもお侍が路を歩いていたら入道が立ちふさがったので
刀で切りつけたらこの碑があったとかで・・・碑には刀の跡があるらしいです。
その後、周りの民家に祟るーということでい組の人たちが八幡宮境内に曳き移したとか・・・って話です。
かなり大きい碑ですよ。


<< 東北新幹線      イルミネーション >>