2006年 03月 31日

裁判所

陽射しは春なのに風はめっちゃ冷たい盛岡。
でも 庭のクロッカスもやっとさいた。
ボケも沈丁花も 芽が膨らんでいる・・

今日は 生れて初めて裁判所にいった。
父の逝去による諸手続きの中で
介護が必要な母では無理な事も多い。
「自書」は出来るが 書類に添った文字を書くのは大変。
殆ど私が代行したが 限界がある。
保佐人とか必要かも。

しーんとした 独特の雰囲気。
へーコレが裁判所かアー
石割桜観るためにしか来た事なかったなあ。

なんだか まだまだ手続きが続きそう。
知人で 親の葬儀を出した後
疲労で帯状疱疹になった話を聞いたが
確かに大変かも。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-31 16:48 | 介護生活 | Comments(0)


<< 年度末      春の吹雪 >>