盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 16日

四十九日

今日は父の四十九日。
あっちの世界に昇って行く・・といわれている日。
お位牌・お骨とも東京の兄に連れて行って貰ったから
拝む対象物が無い。
形ではなく 拝む心が大事・・とは言っても
形が無いというのは どうも納まりが悪いものだと思う。

昔のように子々孫々と絶えずその地にーというのが
難しくなってきているようで
家のように 全然住んだことが無い地に連れて行かれる
仏さんも 少なくは無い様だ。

今日は 寒気が酷い。
昨夜、実家本家(父の生家)の夢を見た。
風呂を焚いている夢だった。
温泉好きの父だったが この6,7年は行けなかった。
最期に 入りたかったのかな?
なんて 考える。

線香を1本立て お酒と豆腐を供えた。
この四十九日間、何処を旅してきたか聞いてみたい気もするが。

迷わずいって下さいねー 父さん。
[PR]

by nanbuneko | 2006-04-16 19:00 | 介護生活 | Comments(0)


<< 応援歌練習      ちょっとだけ怖い建物 >>