2015年 02月 10日

おひなさまのお顔

時々、お話しさせて頂く95歳の女性。

耳は達者だし頭脳明晰で、どうしたらそんな風に矍鑠としていられるのか

感動的なくらい達者なお方である。

先日、南昌荘にお雛様を見に行った旨を伝えると

「昔のお雛様の顔って、年月がたつとぴかぴかとまるで人間の肌のようになるのよね

独特の白さに変わっていって

夜なんかに見るとお顔だけ浮き上がって、本当の人間のようにみえるものなのよ」

と教えて頂いた。

f0031978_19355876.jpg


確かに、それは古いお雛様を見るたび感じていたことで

お顔は何で造られているんだろう? なんてことを考える。


f0031978_1936979.jpg


この美しいお顔、以前のひなまつりの時もそう思ったんだけど

ちょっとドキッとするんだよね。

惚れそう~(笑)


因みに、件の95歳の方は南昌荘の持ち主の変遷なども覚えていらして

いろんなお話を伺うことができた。


しかし・・・ワタシなんぞは既に若年性認知症に怯え

どうしたら、自分を保っていけるか不安を感じているんだけれど・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2015-02-10 23:36 | 南昌荘 | Comments(0)


<< 2月の霧      南昌荘のひなまつり その2 >>