2006年 06月 06日

心の隙間に入り込むもの

昨日のつながりで 別の「とんでもない処」の話しを。

私の幼馴染は某新興宗教団体に入ってしまったことがある。
当時、有名なアイドル歌手や スポーツ選手も入信し
TVのワイドショーを騒がせた アノ団体だ。

彼女は真面目で善良で優しくて・・・
何故 そんな所に入信してしまったのかは解らない。

彼女が仕事を辞め 定職に就かず
夜の街角に立ち 花や縫ぐるみを売っているーと
私が噂で聞いた頃には
彼女はすっかりその宗教の虜となっていたようだ。

家につれて帰り、眼を覚まさせようとする親と
引き戻しに来る信者達。
暫く続く戦いに親御さんはとても辛い思いをしたようだった。

彼女が引き返そうと気づいた時には
そう簡単には戻れない現実があったようだ。
結局、彼女はそういったものから守ってくれる
東京の牧師さんのところに 身を置いた。
そして、そのままそこで働いている。

彼女とは年賀状のやり取りだけでもうずっと会っていない。
毎年もらう年賀状は、彼女らしく自分より人を思う言葉で溢れている。
(新年早々煩悩だらけの私とは大違い)

宗教って人を救うものの筈なのに・・・・

心の隙間に忍び込んでくるもの
人の形はしていても もののけより怖いものもある。
[PR]

by nanbuneko | 2006-06-06 21:30 | もののけの気配 | Comments(2)
Commented by kirinnmama at 2006-06-06 23:59 x
いろんな宗教があることを知ったのは、18歳くらいでした!
我が家は仏教!叔母はキリスト教!程度しか認識がありませんでした。
(若かったなぁ~)
しかし、色々ありますよね!でも、無理強いや、洗脳は困ります!!
近所にサ○ン事件の団体がいますが、怖いです。

でも、悩みや、苦しみの真っ只中にいる時に誘われたら、グラッと
行ってしまうかも・・・・
Commented by nanbuneko at 2006-06-07 20:49
kirinnmamaさん、ホントに・・タイミングというか運というか・・
グラッとする対象物が他のものだったらなあ・・とか思います。


<< スマップと もうひとつのホテル      霊能者? >>