盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 29日

菊の湯

知人の家にお届けものに行くと

近くの銭湯の明かりが、いざなうように灯っていた。

ここは燃料に木をつかっているそうで、いい匂いがしていた。

入りたい・・・気持ちを押さえて用事を済ます。


f0031978_2028990.jpg



盛岡も銭湯はだいぶ少なくなって

営業していても週に2,3日とか時間を短縮していたりとからしいが

ここは、がんばっているらしい。


秋祭りの太鼓の練習の音が、ここまで聞えていた。

ヒノキの匂いと太鼓の音、いいかんじです・・・・・。


このあたりは上小路と呼ばれる付近であるが

この先のバイパスの手前のあたりは昔「おくみちょう」と呼ばれていて

足軽が住んでいたらしい・・・・・という話を聞いた。

「うくめちょう」と呼ばれていたはず・・言うヒトもいた(訛ったのかな?)


それにしても、まだ8月とは思えない秋っぷり・・・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2015-08-29 23:23 | 盛岡 | Comments(2)
Commented by yamame930 at 2015-08-30 21:03
こんばんは〜
子供の頃は私は銭湯でした
懐かしいですね〜
丸いカゴに洋服を入れて
番台から見える女風呂の脱衣場に
ドキドキしたりね(笑)
風呂上がりの牛乳が楽しみでした!
行きたくなりましたね〜
Commented by nanbuneko at 2015-08-30 21:17
■yamameさん
こんばんは。
ワタシも銭湯通いをしていた時期があります。
そうそう、丸い籠や、湯上りのフルーツ牛乳・・懐かしいです。
終いの10時前になると、少年が乗った亀さんの口から
湯船に注がれていたお湯が止められ
オバサンが座っていた番台はオジサンに変わっていて
ちょっと、恥ずかしかったり・・・
懐かしいです。


<< バスセンターと鳩      秋を見つけた >>