2016年 05月 25日

母が入院した

やっと飲むことができた抗生物質が効いたのか

朝には熱が下がり、仕事に行く。

人数が足りないので休みようがない。


やっとなんとか仕事を終えて家に着いたら携帯が鳴った。

母が入院したことを知らせる施設からの連絡だった。

熱っぽいとか歯が痛むとか疲れたとか・・そういう気分は一気に吹き飛んで

急いで病院に向かった。


そんなに重篤な状況ではなく あっという間に退院できそうらしくホッとした。


主治医は父を看取ってもらった先生だった。



「お母さんは、俺がお父さんの主治医だったこともちゃんと覚えてくれていて

痛くないように逝かせてくれとか、治療しないで死なせてくれとか 言ってたよ・・」

(今回の入院は死ぬの生きるののような病気ではない)


先生は言葉を選んでくださっていたが

早く言えば、死に目に間に合わなかった事とか他いろいろごねたらしく

「申訳ありません・・失礼なことを申し上げて・・」と

心配よか恥ずかしさのほうがいっぱい・・・・・。


しかし・・・主治医の先生も父がお世話になった時と違って白髪となり

お名前を確認するまでは同じ方とは私はわからなかったのに・・

母の意地みたいなものを垣間見た気がして ちょっと怖い(笑)


それにしても・・・

弱り目に祟り目というが・・・

本気で厄落としをしたい気分の今日この頃。
[PR]

by nanbuneko | 2016-05-25 20:49 | 介護生活 | Comments(2)
Commented by tomoke at 2016-05-26 10:52 x
おはようございます。

大丈夫ですか〜?
季節の変わり目だし、私たち?体調の変わり目でもあるし、
無理は、いけませんよ。

お母さんの入院びっくりしましたね。
でも、早く退院できそうで何より。
介護者が元気じゃないと大変ですから...南部猫さんの方が
心配ですよ。
Commented by nanbuneko at 2016-05-26 20:30
■tomokeさん
ありがとうございます。
そうですよね、私たちお年頃ですもんね(笑)

介護や他いろんなことに対する
精神的な免疫や割り切りはできる年に近づいた気もするけど
体はついていけなくなってきました。。。

母はかなり憎まれ口をきいていましたから、ダイジョブかと・・(笑)


<< ウインドウズ10      また発熱した・・・ >>