2016年 06月 05日

ナンジャモンジャの花が揺れていた

午前中、母に会いに行く。

頑固さが際立っていて、スタッフさん達を困らせているようだった。

母はもともと頑固な性格だったとは思うが

自立できている内は世間と折り合いがつくように暮らせて問題なかったのに

日常を人の手を借りるようになって、しかも集団生活

自分の思ったようには動けない・・となれば

不具合が生じてくるのもあたりまえかもしれない。


帰り、少しだけ街を歩いてみた。

気が付けば桜山界隈のナンジャモンジャの花は満開。
f0031978_15171766.jpg


岩手公園の二の丸まで登ってみたが、そこのナンジャモンジャはまだ咲いていなかった。


シロツメクサの群れを眺めると子供のころを思い出す。
f0031978_15173864.jpg

青い匂いをいっぱい吸い込むと

生きてる~~~って妙に実感した。


f0031978_1518538.jpg

風もあって気持ちのいい日。


教育会館の工事現場。

f0031978_15182332.jpg


最近はキティちゃんも携わってるのか・・・・。


1時間も歩くと草臥れてしまって

中津川の河川敷のお神輿を見に行く元気はなくなってしまった。
[PR]

by nanbuneko | 2016-06-05 15:38 | 介護生活 | Comments(2)
Commented by tomoke at 2016-06-06 10:45 x
おはようございます。

カエルと猿のものは知っていましたが...。
キティちゃんもあるなって驚きです。
やっぱり可愛いね。工事も許すって感じになります。(笑)
Commented by nanbuneko at 2016-06-06 22:09
■tomokeさん
ウサギ・キリン・亀・・・
最近はいろいろなキャラクターが工事を見守ってくれていますね。
殺伐感がなくて、私は好きです(^^♪
山あいの道路工事に熊なんかだと、妙にリアルかも・・(笑)



<< アルパカの赤ちゃんが誕生したらしい      治りきれない・・ >>