盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 20日

アイーナ

今日は 調べたい事があって県立図書館へ。
アイーナに移ってから 県図に行くのははじめて。

新しい建物ってやっぱりいいなあ・・・
岩手公園に県図が有った時からの司書さんの顔もみえるが
綺麗になったようにみえる(あ、以前から綺麗でしたが更に)

なにより新しい建物には 古い建物と違って
澱んだ空気の場所が感じられない。
若干 物足りない感じもするが
それは若い人の爛漫さのようなもので
建物もこれから「らしく」変化していくのかも。

ー ところで先日の続きだが
平面小動物?を見た翌日、息子が水を飲みに台所に行くと
背後にドーンと圧迫感を感じたそうだ。
その晩、夜中に息子の「ひゃー!」みたいな叫び声が聞えたので
様子を見にいくと 半分寝ぼけてはいるが
「なんか変な夢を見た気がする」と言って再び眠りに就いた。

翌朝「ヘンなもん連れてくんなよ、おかあさん!」と怒られた。
息子もその手のカンは強い。
念入りに掃除し、水・盛塩・ラベンダーを部屋に置いた。

・・・・・・更に追記
後から知った例の洋館の話。
私とK子が気配を感じた3階だが
雨が吹き込んだ訳でもないのに 床の一部が濡れていて
その部分、だんだん広がっているように見えるそうだ・・・・・・・

コレを怖い話と思うか
建物の構造上の問題と捉えるかは あなたの自由。
[PR]

by nanbuneko | 2006-06-20 23:59 | もののけの気配 | Comments(4)
Commented by Honig-Biene at 2006-06-21 15:24
怖い話だと思います(^^;
友人の実家は有名な古戦場の近く。
その近所の家では毎晩、障子がガタガタ鳴って、水浸しになったとか。
家人はへっちゃら(笑)だったんですが、近所の人が不気味に思ってお祓いをしたら、ぴたりと怪現象は止んだとか。

霊のいる場所は冷えているから塗れるんでしょうか?不思議です。
Commented by nanbuneko at 2006-06-21 20:28
Honig-Bieneさん、こんばんは。
>友人の実家は有名な古戦場の近く。
へっちゃらって凄いですね、そのお家の方。

濡れるのはなんででしょうねえ~。良く聞きますが。
家も昔一回だけ有りました。
階段登ってすぐの所が朝起きたら濡れていました。
(その頃、家に一人で居ても階段を登る子供のような足音がしたりしてました)
どうしても信じられなくて幼い息子が粗相をしたのかと
その液体の匂いをくんくん嗅いだけど無臭。
水道水でももうすこしカルキ臭があるんだけど
全然匂いなしでした。

自分の存在をアッピールする為、という話は聞いたことあります。
Commented by Honig-Biene at 2006-06-21 23:41
そうなんですか!
わたしは不可思議な足音を聞いたときは座敷童子がいるものとします。
うちの場合、廊下が塗れているのは99%ワンコのオシッコですね。
1度、白い泡が点々と落ちていたので、何かと近くで見たら、
ワンコのゲロでした(笑)汚い話ですみません(^^;
Commented by nanbuneko at 2006-06-22 00:29
Honig-Bieneさん、私も座敷童子と思いたいのですが
ビンボーな我家では 存在を信じられませんでした(笑)
わんこのシッコですかあ~
外飼いしかした事無いので解りませんが
結構大変そうですね。


<< 薬害C型肝炎訴訟      アレルギー体質 >>