2016年 10月 09日

星空がきれい・・

母に面会に行く。

例によって「施設を出る。お願いだから・・・」と懇願される。

その話は若干スルーしながら、持参したモンブランをスプーンで母の口元に運ぶ。

気に入ったようで、美味しそうにまるまる1個を平らげた。

クリームの部分は問題なかったが

カステラ部分に行くと水がないと上手く呑み込めないようだったから

一人っきりでの飲食はもう厳しいんだろうな・・・

(先日ものどに詰まらせて蒼白になり、スタッフさんに吸引してもらったらしい)


母は「美味しいな」と幸せそうな顔をしたので

姑息な私は、その隙に付け入る様に母の若いころの得意だったことに話を向けて

母に(もう何度も何度も聞いた)昔の話をしてもらい、出来ない話から遠ざけた。


その頃の母のことを聴きながら褒めながら

人は誰だって自分の生き方を認めて欲しいし

心に寄り添ってほしいものなんだろうな・・と考えた。



今、外を見たらとてもきれいな星空だった。

明日は冷え込むんだろうな・・・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2016-10-09 23:44 | 介護生活 | Comments(0)


<< 猫が演奏していた      バスセンター >>