盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 29日

老人のつぶやき

老人のつぶやき」と聞いて 
オフコース!とぴんと来た人はかなり通?ではないかと思う。

私は中学時代からオフコースのファン。
高校生の頃はBm7を誤魔化しながらギターを弾いて唄っていた。
(手も小さく握力もあまり無い私には難関だった)

たまにレコード屋(とは今は言わないのか?)に行くと
当時の懐かしい唄たちがちゃんとCDになって売られている。
オフコースや小田和正様のCDも何枚か買っているのだが・
この「老人のつぶやき」の入ったCDだけは見かけない。

とっても好きな曲なんだけどなあ。
高校生でこの唄が好きだったーというのもかなりひねてた気がするが
今 唄うと「やがて来たるべき将来の唄」(笑)って感じで
妙に切実感があったりする。

店頭に並ばないのは
NHKの「みんなの唄」をボツになった作品だからなのか?
TVで唄ったのを一昨年あたり観たけど 
1番だけさらっと て感じで残念だった。

CDで どっぷりと浸りながら聴きたい思う。
手に入らないからこそ思うのかも知れないが。
[PR]

by nanbuneko | 2006-06-29 23:59 | その他 | Comments(2)
Commented by Honig-Biene at 2006-06-30 21:37
わたしも小田和正さん、好きですよ(^^
ファンと名乗るほど歌を知りませんが、アルバムを3枚買ってしまいました(笑)
「老人のつぶやき」は、残念ながら聞いたことがありません。
でも、気になります・・・タイトルが・・・。
58歳というご年齢には衝撃を受けました(笑)
Commented by nanbuneko at 2006-06-30 21:46
Honig-Bieneさんも好きですか~嬉しい!!
もっとCD購入しましょ!(笑)
「老人のつぶやき」は余命幾許もない老人が
「好きだった人もう死んじゃったかしら?思いを告げられなかった・・・」とか人生に思いを馳せる女々しい?歌です。
高校時代と違って 今唄うと間近な感じでリアル過ぎます・・・・・・・


<< 逃したもの・・・・・      探知器? >>