盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 27日

水原町の 古い住宅

最近、解体されてる建物がとても多い感じがする。

歩けば解体現場にあたる・・みたいな・・


水原町にある 古い住宅が解体されてるところに出くわした。

f0031978_20082962.jpg

この住宅、好きだったんだけどなあ・・・

f0031978_20084355.jpg


いつもは板塀に覆われて その佇まいを拝見することはできなかったけれど



今は取り払われて襖や中の間取りまで垣間見ることができる・・


うんと昔、公民館などの集会施設がなかった頃、

ここのお宅を借りて料理教室などをひらいたのに参加したことがあるご婦人の話を聞いたことがある。
(たぶん、60年ぐらい前ではないかと思う)


f0031978_20091476.jpg
右側の小屋?のような建物の風情も素敵だった。


誰も住んでいないようにみえても

数年前には真っ白い猫が二階の窓からこちらを見ている姿を何度か見かけたことがある。


存在感のある住宅だったなあ・・・・




f0031978_20092829.jpg



この近くの 病院の解体も終わって更地になっていた。

建物の後ろがこんなに石垣になっていたのかと驚いたけど

写真を撮るのは躊躇われたのでやめた。

羅漢公園近くの大きな古いアパートも解体されたし

近頃、さようならの建物が多いなあ。


明日は暑いらしい・・・

貧血気味なのがまだ治らないので、日差しがいつもにもましてきつく感じる。


















[PR]

by nanbuneko | 2017-06-27 20:23 | 盛岡 | Comments(2)
Commented by yamame930 at 2017-06-28 03:06
おはようございます

昔の思い出のある街並みが消えて行くのは
淋しいですね〜

御身体大事になさって下さい
Commented by nanbuneko at 2017-06-29 20:08
■yamameさん
古い住宅が無くなっていくのを寂しいと感じるのは
実に勝手なこちらの感情なんですが
そこに景色に存在していたことに感謝のようなものを感じます・・
(ちょっと変かな?)

体調は回復しつつあります。ありがとうございます。


<< 自販機 その1      夕方の虹 >>