盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 29日

父の手

大学生の甥っ子(仙台在住)の話。

彼はアパート暮らしであるが昨日の夜中3時
金縛りで眼が醒めたんだそうだ。
「○○○○・・・」と自分を呼ぶ祖父(2月に死んだ私の父)の
声が響いてきたと思ったら
手だけが目の前に見えたそうだ。

「そういえばじーちゃんは握手が好きだった」と思いながら
自分も手を伸ばし、握手をしたんだそう・・・・・

母(私の姉)にそのことをメールをしたらしく
姉は「あんたも何か感じた?」と私に聞いてきた。

確かにその日はやたら実家のことが浮かび
後ろに父の気配は感じていた。

でもなんで? 盆も終わったし彼岸にはまだ遠い。
孫に逢いたいからってさあ・・・・
ちゃんと向うに行ってる? ちょっと気になるなあ・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-08-29 20:26 | もののけの気配 | Comments(0)


<< 怖い・・・      跨線橋 >>