盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 21日

今日は母に会いに行ってきた。
最近、行く度思うのが
父が逝ってからずいぶん落ち着いたなあ~と。

10年前、脳溢血で倒れ介護が必要になってから
「コレって私の知っている母さんじゃない!」という姿を沢山見た。

我儘に怒鳴ったり 被害妄想に陥ったり
一時期は本当に別人のようで
我慢強くて優しかった母は もう何処にもいないんだな・・と
諦めた気持ちになる事も多々あった。

今は・・とても落ち着いている。
今の母は、私の知っている母だ。
もう、逢えないだろうと思っていた母だ。

帰り道、歩きながら子供の頃を思い出した。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-21 23:49 | 介護生活 | Comments(4)
Commented by tomokeda at 2006-11-22 14:15
年とともに・・・何だか昔の母親じゃなくなったり、父親じゃなくなったり
しますよね。
いつも昔を思い出してしまって、この人は違うと思ったり・・・。
年をとるって、そう言うことなんですよね。
何だか親子が、逆転する年代かしら?複雑な心境になります。
Commented by kirink3 at 2006-11-22 16:39
我が家も最近少しずつ落ち着いてきたよ~~~~な気もしますが・・・
まだまだ、初心者です。10年経ったら私も子供の頃をゆっくり
思い出せるといいなぁ~!と思いました。
Commented by nanbuneko at 2006-11-22 19:23
tomokedaさん、ホントにね・・歳は取りたくないといっても確実に時は流れてますよね。 綺麗に歳を重ねるって凄く難しい事かもしれませんね。
Commented by nanbuneko at 2006-11-22 19:29
kirink3さん、まるで子供?って云いたくなる様な性格に母が変化していた時でも、こっちが心配を掛けると瞬間でも「親の顔」になるみたいでした。そういう時は幾つになっても、親は親なんだなあーって思えました。


<< 崖っぷち犬      不足 >>