2007年 01月 10日

雪の無い冬景色

今日は、母の検査結果を訊きに病院へ。

去年の今頃は、入院中の父を看に行くのに
氷の塊で段差が出来た道路を転ばないように歩いた事、
そして、通行人を見ずに二階のツララを叩き落とす家があったので
上も下も気をつけて歩かなければならなかった事・・などを
道すがら思い出した。

今年は・・・全然雪が無い。
私はまだ冬用の靴を一度も履いていない
こんな年は初めて。

先日乗ったタクシーの運転手さんに
「雪がないと走りやすくていいですよね」と話し掛けると
寒い時期にギリっと寒くならないと 虫が死ななくて
農家の人は大変らしいですよ」と教えてくれた。

そっか~。
暑い時は暑く、寒い時はちゃんと寒くならないとダメなんだ。
必要な「時期」ってやはりあるんだな。

母は完治は望めなくても
今は落ち着いていて良い状態だそうだ。

ただもう1カ月近く横たわったまま・・・
寝たきりにならなければいいが。
[PR]

by nanbuneko | 2007-01-10 22:20 | 介護生活 | Comments(6)
Commented by Honig-Biene at 2007-01-11 09:07
雪国のツララって、あの太いやつですよね。怖~。
なんでも「時期」ってあるんですね。
ライオンキングでも猿が「時がきた!」と言ってましたね。
Commented by nanbuneko at 2007-01-11 18:15
■Honig-Bieneさん、1が3つ並んだ今日は確か出陣の日?ですよね。 
楽~に終わるよう、祈祷しております!

昨年のツララは生育?がよく、とんでもない長さに伸びたヤツがあちこちの屋根に下がっていました。
雪庇同様とても怖かったです・・
Commented by kirink3 at 2007-01-11 21:55
ツララですかぁ~私が子供の頃は東京でも
小指くらいのツララが観られましたが、最近は見ないですね~
雪も確かに少ないです!何だか『時期』が狂うと不安になりますね。

お母様の状態が落ち着いて何よりです。きっと『根性』で寝たきりには
ならないと信じたいですね。
Commented by nanbuneko at 2007-01-11 23:00
■kirink3さん、今冬は信じられないほど雪がなく、気が抜ける・・というか確かに不安を感じます。
○○年生きて、こんな冬は初めてです。
(昨年の雪の多さも初めてだったけど)

>『根性』・・・そうですね、あの世代の強さには信じたくなる何かがあるかも?
Commented by freshless at 2007-01-11 23:08
田んぼと畑のところだけ、ギリッと寒くなってほしい…というのは
ものすごいわがままな意見ですかね?

お母様、落ち着いてらして良かったです。
寝たきりにならないで…という気持ち、とてもとても、よくわかります。
Commented by nanbuneko at 2007-01-12 00:06
■freshlessさん、>田んぼと畑のところだけ
ホントに~だったらいいですね。。序に積雪もそんな具合に降ってもらえれば・・

母の事、ありがとうございます。


<< 憂鬱な事      盛商おめでとう!!! >>