盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 01月 21日

憑依?する父

 実は昔から 父は入院する度 伝説?をつくって来た。
 大腸を手術した時は 90kmもはなれた叔母(父妹)宅の玄関に姿を現し「入院中だよね!」と叔母を驚かせたらしい。
 玄関を開けたら 父らしい姿がぼーっとみえ叔母が「え!!」と驚いていると姿が消えたらしい。

 実は私もうすうす感じていたことがある。
 父が入院する度、私が経験した事がない腹痛や胸痛に突然見舞われるのである。
 「こんなに痛むなら病院行かなきゃ!ヤバイかも」と焦っているといつの間にか痛みは嘘のようにさーっと引ていく・・・・・
 後で父の病状を知り 自分が突然痛みを感じた場所と 父の患部が同じな事を知るのだった・・・ 

 これってやっぱ 憑依?
[PR]

by nanbuneko | 2006-01-21 22:07 | てれぱしー? | Comments(0)


<< 本当に春はくるの?      父の入院 >>