盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 26日

美容院

髪を切ってきた。
いつもの美容師さんなので、黙っていても
私にあったように切ってくれる。

彼女は私よりずっとずっと若いのだが
物凄くプロフェッショナルなヒトなのだ。
技術は勿論だが
お客様だからといって妙に媚びたりもしないし
いつも通っていてもタメ口まじりになったりもしない。

「もうすぐ花見があるから、その前に少し身奇麗にしたくて」というと
『ああ、そういう方、やはり多いですね』と彼女の返事。
そこではたと気が付いてしまった。

若い頃は身奇麗にしておきたいのは年中・毎日の事で
残業続きだからとか、給料日前でお店にいけないとか
「身奇麗に出来ない」理由はそういうところにあった。

今は「身奇麗にする」理由を述べているのだ。

母がよく「お盆だから」「○○があるから」と
行事がパーマをかけるきっかけだったのを思い出し
今更ながら若くない自分をじわじわと認識した・・・・くっ

それにしても、美容院帰りというのは身も心も軽くなるものだ。
担当の美容師さんに感謝

※本日の摂取カロリー  1596kcal
[PR]

by nanbuneko | 2007-04-26 23:59 | その他 | Comments(4)
Commented by tomokeda at 2007-04-27 13:05
美容院って、魔法を女性にかけてるみたいだよね。何だかとっても
ウキウキする感じ解ります~♪近頃・・・身奇麗にする意識も薄れてる私です。最低限をしてるだけ・・・トホホ。
Commented by nanbuneko at 2007-04-27 21:47
■tomokedaさん、ほんと身も心も変りますよね~。
「もういい」って思うとその途端、老け込むらしいから頑張らねば!と「とりあえず」思いました(これも美容院効果?)
Commented by freshless at 2007-04-27 22:48
>いつも通っていてもタメ口まじりになったりもしない

そういう接客、好きです。ケジメのある親しみやすさ?と申しましょうか。
自分も仕事でお客様に対して、温かく、でも礼儀正しくありたいです。
Commented by nanbuneko at 2007-04-29 09:38
■freshlessさん、そうなんです。親しくてもけじめって必要ですよね。
一度、オープンしたての美容院に(半額だった)に入ったら、オーナーが挨拶に来て「とこに住んでいて職業は何で」と尋問状態に・・おまけに会計する時「お名刺頂けます~?」
・・て、云われた事が有ります・・吃驚~。


<< ハンニバル・ライジング      水飲み場に行きたくない馬 >>