盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 28日

はや一ヶ月

アナフィラキシーショックを起こしてからはや一ヶ月
予定ではもう「普通食」に戻っている筈だった。
ところがいまだ恐る恐るの食事で・・ほぼベジタリアン。

煮豆に結構キツイ反応をしたので
納豆はまだ食べておらず、お豆腐もすこーしだけ。
たまに試しに肉をホンの少し食べてみたりするが
目が痒くなるし時間を置いて腕とか肩が赤く痒くなる。
卵やお刺身はまだ食べたいという気持ちが湧かない。

おやつも「米はぜ」とか「玄米パン」とまるで昔の子供・・・

そうしたら味覚が変ってきたようで
野菜の甘さが以前よりシッカリと感じられるようになってきた。

そして湿疹が出やすかった皮膚が
かなり健康的になってきた気がする。

アレルギー関連の本に「食べない勇気をもとう」という件があった。
蛋白質はコレくらい必要だからたべなくちゃ・・
というふうに頭で考えて食べてはいけない。
本来の自分の体質に合った体が欲する食べ方こそが正しいのだ
」と。
確かに今までは自分の「お年頃」を考えてカルシウムを取るため
牛乳はコレくらい飲まなきゃ・・とか義務感で飲食してた気がする。

今の自分の食べ方が正しいとまでは思わないけど
無理して牛乳を飲んだり頑張って肉を食べたりしなくても
それはそれでいいのかな?と思った。
[PR]

by nanbuneko | 2007-05-28 23:40 | アレルギー | Comments(8)
Commented by jun at 2007-05-29 07:20 x
私、牛乳を飲むとお腹にガスがたまって気分が悪くなるのでほぼ30年近く呑んでいません! 料理に少し入れたりはしますが…。
でも骨密度は普通ですから無理しなくても良いのかもしれませんね。
これからの季節私には日光が敵です・・・・・。
Commented by tomokeda at 2007-05-29 15:57
食べない勇気を持とうか・・・そうだね。何だか強迫観念みたいな感じで
これもあれも必要と思うけど、違うのね。
私、昨日あたりから治った湿疹が、再発して凹んでます~。
何が原因やら・・・。σ(^_^;)アセアセ
Commented by nanbuneko at 2007-05-29 20:49
■junさん、私も動物性蛋白を控えてからお腹の張りに悩まされていたのが解消しました。
私も日光過敏症なので、日傘をさして歩いています。
Commented by nanbuneko at 2007-05-29 20:55
■tomokedaさん、嫌いな食べ物の中には単なる好き嫌いじゃなく、アレルギーを持っているためその食品が嫌い・・という場合もあるらしいです。人の体って面白い!
湿疹、快方に向かうといいですね。
Commented by kirink3 at 2007-05-29 21:02
ちょっと話しがずれちゃうかもしれませんが・・・・
nanbunekoさんのブログを読んで思い出しました。
祖母が『嫌いな物を無理に食べても滋養にならないから』なんて
よく言ってました。身体が求める物を食べるのが正解なのかな?
なんて思いました。まだまだ御自愛下さいね。
Commented by freshless at 2007-05-29 22:33
断食した後に味覚が鋭くなると聞いたことがあります。
思わぬデトックス効果だったのでしょうか?
私も小食目指してみます。理想は「良いものを少しずつ」なんですが
Commented by nanbuneko at 2007-05-29 22:50
■kirink3さん、牛乳の耐性が無い人が体の為と無理して飲んでも、お腹を壊し結局、他の食品からの栄養をも取り損なってしまうーという話が本に載っていました。お祖母さまが仰ってた事は正解なのかも!
Commented by nanbuneko at 2007-05-29 22:53
■freshlessさん、確かに先日までの食事は断食に近いものがありました。
そういえば廻りから「毒が抜けたような顔になった」と最近言われ
「それって今まで毒気のある顔だと思ってた訳?」と毒づいておりまする・・・・


<< 松田聖子ファン      気になる家 >>