2007年 08月 25日

夕陽

今日は夕陽が綺麗だった。
帰りのバス、次々と降車する人たちの背中が
夕陽を受けて黄昏色に染まっているのを見ると
幻影を見ているような不思議な気持ちになった。

自分もそのうちこんなふうに
黄昏に包まれて
生きていることを降りる日が来るんだろうなあ・・
なんて考えた。

夏の終わりというのは
いくつになっても感傷的になるのかもしれない。

お日様はいつもどおり輝いているだけなのにねえ。

職場で昨日は青い光が良く見えていたが
今日はおさまってなんかホッとした。
たまに金色の光をみるが悪くは無い感じ。
[PR]

by nanbuneko | 2007-08-25 23:42 | もののけの気配 | Comments(0)


<< 帰りたい病      休日 >>