2006年 02月 05日

天井のシミ 続編

それからというもの 家に帰るのが嫌になった。
友人と飲みに行ったり、 或は泊めてもらったり 
なるだけ在宅時間を減らして過した。
そうはいっても、そんなに飲んでいられるほどリッチな暮らしぶりでもなかったし
友人だって いろいろと都合というものがある・・・・

そんなある日、
お茶を飲もうと 台所でやかんを乗せてガスに点火した時の事
カチカチ・・点かない・・・もう一度カチカチ・・
ボワーン!という音と共に目前に青い火が飛ぶ込んできた!
溜まったガスが一気に点いたらしい
髪と眉が焼けこげ 顔も若干やけどした・・・
ボーっとしていて不注意だったとはいえ、こんなに暴発するなんて!

幸いやけどはたいしたことがなく済んだが
それ以来 ガスの点火が怖くて 暫くの間料理が出来なくなった。

そのうち天井に 赤い閃光を見るのと同時に
「もっと苦しめてやる」と言う声が 自分の頭に中に反響する様になった。

やばい! 私はノイローゼかも知れない・・
部屋を改めてみると
どうしてこんなに購入したのか自分でも解らないが
30cm×90cmの鏡が3枚も 壁に合わせ鏡状に掛けられているし
(私の苦手な筈の)ピンクのインテリア用品が増殖している。
カーペット・マット・家電製品までピンク・・・・・

やっぱり 私は変なのかも知れない。

もうどうしていいか解らなかった。

そんな折、職場が移転する事になった。
この場所からはかなり遠くなるー 通勤に大変になる。
この機会に引っ越そうか?
でも先立つものが・・・・・あービンボーって悲しい。

そんな自分に引越しの決心をさせる事件があった。

その日も残業続きで遅く帰宅。 
スーパーの惣菜を食べて夕飯代わり。
そのままテーブルに突っ伏して眠ってしまったらしい。
TVは点けっ放し・・・砂の嵐状態だったと思う。
なにか物音で目が覚めた
!!換気に開けておいた吐き出し窓から人が入ってこようとしている!
こんな時「泥棒!」とか「痴漢よ!」大声とか出せればいいのだが
出た言葉は「誰~」と ひ弱・・・

しかし、気が弱い輩だったらしく 慌てて逃げだした!

「うー石でもぶつけてやればよかった!」と逃走する姿を確認したのち
怖さがこみ上げてきた。
比較的近くに住んでた友人宅に転がり込んでその晩は過した。

翌日、親に電話して来てもらい、借金を申し込み
すぐさま 引っ越し先を探した。

もののけも怖いが 人のほうがもっと怖い!!!!!!!!

※ しつこいようですがこれはほんとの話です。
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-05 19:52 | もののけの気配 | Comments(0)


<< 天井のシミ 追記      続・天井のシミ >>