盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 04日

洛陽

昨日と一昨日は天候に恵まれ
夕陽もとても綺麗だった。
夏の夕日と違って ちょっと静かな感じが好きだ。

最近、夕陽を見ると何故か
吉田拓郎の『洛陽』という唄が浮かんで
頭の中はあのイントロの部分がリピートされ続ける。

聴いていた当時はまだまだ幼くて
何と無く唄の雰囲気が格好よくて好きだった訳だが
今なら違った聴き方をするような気がする。

仕舞い込んだ昔のテープを探したが
拓郎のは有るものの肝心の「洛陽」は入っていなかった。

「この国ときたら 賭けるものなどないさ」
というフレーズが好きだったなあ。
もう一度聴きたい。
[PR]

by nanbuneko | 2007-10-04 20:39 | その他 | Comments(4)
Commented by kirink3 at 2007-10-04 21:43
今日の東京地方は暑かったです。だけどすっかり秋の香りと秋の風で
確かに夕日も静かでした。うんうん・・・・
吉田拓郎の『洛陽』って苫小牧からフェリーに乗るって唄ですか?
サイコロ片手に見送って貰う~~~みたいなフレーズがあったかな?
私の吉田拓郎は・・・・題名が分からないけど、長年付き合った彼女と
であった場所で別れる唄とお月見の頃、『旅の宿』を思い出します。
どちらも私の中で勝手に作り上げられた同じ情景が浮かぶんです。
あ~~~私も聴きたくなりました。
Commented by nanbuneko at 2007-10-05 19:58
■kirink3さん、
やっぱこの時期の夕陽って静かに綺麗ですよね~!

>『洛陽』
そうです~。「苫小牧発~仙台行きフェリー~♪」
>最初にであった場所で別れる唄
もしかして「外は白い雪の夜」ですか?
♪大事な話が君にあるんだ~ で始まって
だけどバイバイラブ外は白い雪の夜~って 歌詞の。
私もこの唄大好きでした!!!
Commented by kirink3 at 2007-10-05 21:28
嬉しい!『外は白い雪の夜』って言う題名だったんですね。
そうそうチョッピリ切ない唄です。思春期真っ只中だった頃の思い出の
一曲かな?ありがとうございます。
Commented by nanbuneko at 2007-10-06 16:37
■kirink3さん、こっちこそありがとうございますーです!
「外は白い雪の夜」の入っているテープはあったので、久々に浸って聴き、序に唄ってみました。やっぱ、いい曲ですよね!


<< やっと繋がった~      日光疹 >>