2006年 02月 08日

眠り

父の病院にて。
熱が出てきたらしく氷枕をしていた。
目を開いていても虚ろで 
眠っているかのようにいびきのような音をたて呼吸をしている。
顔を拭いてあげると 気持ちよさそうな顔をして 
目を閉じ本格的に眠りだした。

こんな風に気持ち良さそうに眠れるなら・・・
最期は苦しまずいけるといいな・・

今日、病院に着いたら別の玄関に 黒い車が入っていった。
ご遺体を運ぶんだなあ・・

病院て不思議な場所だと思う。
生れてくる命・去って行く命 
それが同時に存在する場所。
喜びも悲しみも 食べ物や洗濯物や排泄物や薬品の匂いと
ごちゃ混ぜに あるところ。

今日の盛岡は昨日からの雪で また雪山だらけ。
どうしよう 掻いても掻いても 雪の捨て場がないよ・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-08 16:24 | 介護生活 | Comments(0)


<< 母      世の中いろんな人がいる >>