2008年 01月 11日

仮面の告白

本屋の平積みの文庫の中に
昔と違って凄く華やかな感じの表紙を見ることがある。
先日は太宰の「人間失格」-まるでラノベ?みたいな表紙。
学生の頃、この本を3分の1ぐらいで読むのを挫折してしまった事を思い出した。
この表紙なら全て読めるかも・・・そんな錯覚に陥ったが買いはしなかった。

そういえばどっかの女性議員さんが
「×の告白」って本を出版したとか。

なんだかなあ・・・・
表紙が三島由紀夫の「仮面の告白」
昔の表紙と似ている所が若干、不快。
(私は学生の頃、三島由紀夫ファンだった)
○○真理子の暴露本とどっか通じるところを感じてしまう。

仮面といえば、ブログだってある意味仮面。
切り取り方によっては違った姿にも見えてくるかも。
でも、仮面だからこそ書けるホントのことってやつもある。
[PR]

by nanbuneko | 2008-01-11 20:55 | その他 | Comments(2)
Commented by kirink3 at 2008-01-12 15:53
>仮面だからこそ書けるホントのことってやつもある。
本当にそうですよね・・・・私も恥ずかし気も無く安心して
ついつい・・・愚痴ってますから・・・・ってブログが本心で
日常が仮面?あれ?まぁ~どちらも本当の私ですかね?
Commented by nanbuneko at 2008-01-13 19:16
■kirink3さん、顔が見えない分、私も愚痴っちゃって・・・・
仮面といえば、化粧をすると結構元気になります。
あれも、仮面の一種かもしれません。
まあ、化粧前も後も、どちらも本当の私ですが・・(^^;


<< 裸参りと裸踊り      蘇民祭 >>