2008年 01月 19日

「イキル」

T.M.Revolutionの曲で「Vestige」という曲がある。

夢中で傷つく事を「イキル」というなら♪
という歌詞があるのだが、この部分を聴くと
いつもちょっとドキッとする。
果たして、夢中でイキタ事なんてあったろうか?

傷つくのって凄く嫌。 
それは誰でもそうだけど
極端に臆病になってとりあえず無難にイキル事に終始してないか?
と自分の胸に手を当てたくなる。

特に○○才の誕生日を過ぎ、いろいろと思う。
いい加減に積み上げていった積み木は
積み重ねる度に倒壊するのではないかという不安をさそう。
かといって、今更土台の積み木を直そうとすれば
崩れてしまうのは必至だろう。
今更という言葉が圧し掛かってくるが
そんな言い訳っぽい自分も嫌いである。

「遅すぎる事は無い、早すぎることよりも~」て歌があったが
(たぶん吉田拓郎)
ー本当だろうか?


追記ーこの記事を送信してからTVをみたら
   ピサの斜塔の修復方法をやっていた。
   ふーん、倒れないように頑張っているんだなあ。

[PR]

by nanbuneko | 2008-01-19 23:56 | その他 | Comments(2)
Commented by tomokeda at 2008-01-20 10:49
この年になって、本当に色んな事を考えます。
いつももう棺おけに半分以上埋まった状態の自分を想像しちゃう。
残り少ないと言う強迫観念と、頑張らねばと言う思いと・・・。
心穏やか(傷つかず)に生きたいと思う私です。
Commented by nanbuneko at 2008-01-21 00:04
■tomokedaさん、そういえば私、夕べ棺桶に入る夢を見ました。棺桶に入ってるのに「この服じゃ嫌だな」とか「花は菊以外がいいなあ、誰かやってくれないかな~」と考えてる夢。
なんて我儘な死人でしょうか!(笑)

私もいろいろ考えます。残りわずか・・ともいえるけどまだ半分残っているともいえるし、アガキマス。


<< カルメン      今月今夜の月の日 >>