盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 10日

ひらひらの雪

今日も 盛岡は雪。
病室からみると 大粒の雪が 
舞うーというのがぴったりな感じに降っている。
落ちようとしてまた舞い上げられて ひらひら 蝶みたい。

今日の父は私の事が判らないようだけど 顔色はよい。

もしもの時・・生れたからには死は誰にでも訪れる事だけど
父にその時が来たら・・・といろいろ考える。

知人の誰かが逝く時、「お知らせ」が届いたり
なにかが見えてしまうときがある。

隣家のおばあちゃんが一昨年逝った時のこと。
前の晩、二階の窓をオレンジ色の球がよぎっていくのをみた。
(高校生の頃同様の経験があった)
朝8時、窓を開けると隣家の二階屋根のてっぺんに
10代と思しき女の子が立っている姿が
一瞬見えて 吃驚したがすぐ消えた。
丁度 その8時ごろ逝ったらしい。

80代のおばあちゃんが逝ったのに 
何故屋根に見えたのが10代の女の子の姿だったのか・・?

叔母(母の姉)が逝くときは
深夜2時 台所の棚から鍋の蓋だけが
大音量で転がり落ちて目が醒めた。
母はその時刻、酷い胸痛に襲われて眼が醒めたそう。
叔母は、丁度その時刻に心臓発作を起こして 逝ったそうだ。

祖母の時は 明け方5時 頭の中に響くような感じで
部屋のドアを叩かれる音で目覚めた。
頭の中には 音と一緒に
人とは思えない大きな手形が ドアについたイメージが浮かんだ。
祖母が逝ったのは その2時間後だった。

ー父に何かあるときは
どんな形で お知らせがくるのだろう・・
考えたくないけどなあ。

今日も盛岡は寒い。
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-10 23:04 | 介護生活 | Comments(0)


<< あさひ      母 >>