2008年 04月 15日

岩手公園

今日はいい天気だった。
暖かさに誘われるように昼時の大通りは人が出ていた。

カメラ持参で岩手公園(盛岡城址公園)を探索。
こちらも賑わっていた。

なんとなく歩いていると、とある場所が目に入った。
西側の急な階段があるひっそりとした一角。
とても惹かれる・・・・怖いほど惹かれる。
他のどの場所よりしーんとしているが強い何かを感じる。
この惹かれる感覚は・・確か・・・・・躊躇したが
その場所の引力の強さには敵わない。

結局、階段を下りてみた。
其処に生えている木のまえには
「榊山稲荷曲輪跡」と薄くなった文字で立て札があった。
その横には石を円形状に連ねたモノがあった。
惹かれるのはこの石のある場所だ!

昔から、妙に惹かれる場所に出くわす事があって
その場所を良く観察すると
お社だった痕跡を発見する事がある。
そんな場所は独特の・・・ひっそりとしてはいるが
強いエネルギーのようなものを感じる。
そして、ついつい近づいてしまう。

今日は、カメラを持ってはいたが
怖くてその場所を撮るのは止めた。

公園内のほかの場所を撮って見たりしたが
やはり下手は下手であった・・・くうううっ~(涙)

  ※さっき調べてみたら
   榊山稲荷はもともとは、今日降りてみた場所に鎮座していたそうだ。
   明治維新で盛岡城廃城に伴いしばし廃れ
   その後現在の場所(北山)に遷ったのだそうだ。

[PR]

by nanbuneko | 2008-04-15 21:14 | もののけの気配 | Comments(2)
Commented by kirink3 at 2008-04-16 23:19
>怖くてその場所を撮るのは止めた。
私には全く無い感覚なのでしょうね~~
そんな私はどこを撮っても大丈夫そうです^^;

nanbunekoさんの激写(?)待っていますね^^v
Commented by nanbuneko at 2008-04-16 23:42
■kirink3さん、激写(?)ですか~。
この分だといつになるやら・・・とほほ。
でもがんばりまっす!


<< 溜息      カメラ >>