2008年 06月 29日

残念な事

今日、母のところへ行ったら
職員の方から「今日で辞めますので・・」という挨拶を頂いた。

非常に真摯な方で
母の我儘振りにも本当によく対応してくださった。
超気難しい私の母でさえ、頼りにするようなお人だったので
辞めちゃうなんて、残念だなあ・・・・・・。
ずいぶんと迷惑をかけたであろう母も寂しがっていた。

両親の介護が始まってから、本当に沢山の方のお世話になった。
娘であっても(だからこそ)、向き合う事から逃げ出したい事も屡あったが
そんな時、ケアマネさんや介護士さんにずいぶんと救ってもらった。

そしていつも、物凄くハードな仕事だなあ・・と思っていた。
辞めるという理由は其々なのだろうけど
もしも、労働条件がその理由なら
その有り様を国もなんとかしてくれないものか・・と思う。

 
[PR]

by nanbuneko | 2008-06-29 20:36 | 介護生活 | Comments(4)
Commented by kirink3 at 2008-06-29 22:51
お久し振りです・・・
>ケアマネさんや介護士さんにずいぶんと救って・・・・
解ります!私と母の関係はとてもウエットなので
何時も、お世話になりっぱなしなんです。
そして・・・
労働条件でお辞めになるヘルパーさんが多く
事業所も人手不足で大変だと聞いたことがあります。
政治家の方々にはもう少し庶民の立場になって
活躍して欲しいと私も思います!


Commented by nanbuneko at 2008-06-30 21:08
■kirink3さん、ほんとにねえ・・・・
体力的にも精神的にもハードな仕事ですよね。

中学で職業体験を総合授業でやるようですが
どうせなら、政治家の皆さんにも体験してもらって
政治に反映して欲しいですよね~!
Commented by freshless at 2008-06-30 21:28
友人も介護の仕事をしていたのですが、腰を痛めてしまって…。お給料も厳しい(介護制度として報酬に限界があるから)と聞きます。必要な仕事、必要なところに必要なお金がきちんと流れる世の中であってほしい。母の最期の約1ヶ月、どれほど訪問看護師さんの存在がありがたかったことか。
Commented by nanbuneko at 2008-06-30 23:46
■freshlessさん、
>必要な仕事、必要なところに必要なお金がきちんと流れる世の中
ホント、切望します。
志の高さに見合った報酬があっていいと思うんだけどなあ・・。


<< トラノオの蕾      早生まれ >>