盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 22日

手紙の書き方

暑中見舞い、お中元と日頃ご無沙汰している人と連絡をとり合う季節。
目上の方にちょっとした手紙を書かなければならなくなった。
例年の事とはいえ苦手。
季節の言葉、結びの言葉、未だに学習出来ていない。
あまりに慣用句そのままなのも味気ないし失礼だろうし・・・・
マニュアル世代?には欠かせない
「手紙実用事典」なるものをひも解く。

やっと書き終えて、事典をぺらぺらと眺める。
それにしてもいろんな例があるものだ。

『借金申し込みの手紙の書き方』 もあれば
『借金断りの手紙の書き方』 もあり 
『失言・失態のおわびの書き方』まで載っている。

更に
『妻子ある男性との別れの手紙の書き方(女性編)』も例が。。。
へっ!こんな内容まで事典に!?
そんな事にもマニュアルが存在するのか!

世の中にはいろんな手紙があるもんだ。
[PR]

by nanbuneko | 2008-07-22 23:56 | その他 | Comments(4)
Commented by kirink3 at 2008-07-23 22:43
私も持っていますよ^^v手紙もカードの書き方も・・・
確かに必需品です。

>『妻子ある男性との別れの手紙の書き方(女性編)』

妻から幸子宛のもありますか?^^;
Commented at 2008-07-23 22:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by nanbuneko at 2008-07-24 19:29
■kirink3さん、
>妻から幸子宛
かなり生々しくなりそうなせいか、そういった例はありませんでした。
でも、お笑いのネタとしか思えない内容が多く・・・
結構楽しめましたヨw
Commented by nanbuneko at 2008-07-24 19:34
■鍵コメさま、ありがとうございます!!
さっそく拝見しました。特に前者が良さそうです!!


<< 震度5弱      地震 >>