盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 20日

病院て・・・・

父の様子を見にいく。
「○○○だよ~」←私の名前
反応が薄い・・・・・
「一昨日 東京からMちゃん(孫)来たでしょ?嬉しかったでしょ?」
大いに反応あり何か一生懸命云っているが声にならない。
孫の存在は偉大だ!
私なんか週4日以上は来ているのに
「お前だれだ?」とか 「愛してる」(誰と勘違いしてるんだ疑惑) とか 
娘と認識して貰えない日も多いのにさあ 凹

隣のベットでは リハビリ入院らしいおじいちゃんに
奥さんが昼食のお世話に来ていた。

「溢して食べないで!あーせっかく洗った肌着!
病院のは(レンタル病衣)仕方ないとしても・・
あー アンダ(貴方)気をつけて食べないと!ほらほら」

う、結構言い放題な奥さん・・と思ったらご主人の方も負けていない。
「そーでなくよ! 早くコレをアレしろ!」
結局、仲の良いご夫婦なんだろう。

病院というところは
その家族の有様が白日の下にさらされる場所かもしれない。
母が脳溢血で倒れて 暫く脳外科に付き添った時そう思った。

母の入院先で 同室だったおばあちゃん(80代後半)は 
嫁(といっても60半ばで私の母世代)と 折り合いが悪かったらしく
まだ危険な状態なのに 上半身を起こして 鬼の形相で
自分の点滴を 嫁に向かって投げつけたそう。
お嫁さんは 姑の死角の位置である
病室入り口付近で付き添っていた。

他、様々な状況を見せ付けられ 
人間て複雑な生き物だと思う事も多かった。
病院の看護婦さんは 仕事の大変さの他に
こういう修羅場とかもみてるんだなー

介護に至っては、長い時間だし 
ほんといろいろ 見ちゃうんだろうなあ 介護のお仕事の人・・・

ま 人様からみれば家も 「いろいろ」の部類だろうし。

そういえば実家で在宅介護のとき 
お世話になったケアマネさん元気かなあ
ブログ見てたら改めて御礼を言いたいくらいだけど

物凄く忙しそうだったから 見てる暇なんてないんだろうなあ。

深く深く 感謝。
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-20 17:03 | 介護生活 | Comments(0)


<< 星空      轢き逃げ >>