盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 16日

オバサマの群れ

13日は仕事は休みだったが、お盆の諸事に費やし
更にうんざりする出来事もあって・・・・
どうもやる気がでない。
癒しを求めて近場の温泉に行った。

温泉では先客の60代位のオバサマ5人が陣取り
姦しく大声で笑い、騒いでいた。

こういうオバサンの群れは苦手。
群れると怖いもの知らずというか・・・・回りの迷惑省みず・・というか・・
コレがオバサンの習性というものなら、自分も気をつけねば。

そんな姦オバサンを避けて浴場を移動していると
どうも、そのオバサン達の視線を感じた。
自意識過剰かと思ったが、やはりこちらをみている。
観察されてる・・・という感じ。

こういう場所で目立つのは
めっちゃないすばでいのオネエサンである。

お腹が3段だろうが5段だろうが、脚が太かろうが短かろうが
身体的に恵まれていないヒトは意外と目立たない。
胸が3つあるとか尻尾が生えているとか・・・
そんな特徴が無い限り、誰も注目しない。

もちろん、私は残念ながら目立たない部類の人間である。
それなのにナゼに????

風呂から上がって、ドライヤーで髪を乾かしていると
そのオバサンの群れもわさわさと上がってきた。

一人のオバサンが偵察するかのように私の近くまでやってきて
上から下までじーっと眺めると群れにさーっと戻り

「ちがうちがう! ヒト違いだ! コッチの方が太い。
こんなとこに来る筈ねえーしなっ!」
「んだよな~」
傍若無人な会話と笑い声が聞こえてきた。
どうやら、私を共通の知人と勘違いしていたらしい。

『コッチ』   私はモノではありません。
『太い』    あんた達に言われる筋合いは無い。
『こんなとこ』自分たちだって来ているだろう・・

うんざり、不快な風呂上り。
ああいう、オバサンにだけはならないぞ~!!・・たぶん。
[PR]

by nanbuneko | 2008-08-16 23:48 | 生モッケ | Comments(2)
Commented by freshless at 2008-08-17 13:42
岩盤浴行って寝転がっていると、となりにきたおばさんが「どっこいしょー、はーっ、ふーっ」と大きなため息(?)をつくのが気になるわたくしです。し、静かにしてくれ…。
おばさまでも若い女性でも、「群れ」になると怖いものなしみたいになって、羞恥心が消えちゃうのかな。自分も気をつけまっす。
Commented by nanbuneko at 2008-08-17 19:38
■freshlessさん、わかります!!
オバサンはため息すら、かしましいかも。
>羞恥心
出くわしたオバサマ方は寝湯でもとても天真爛漫なお姿を繰り広げられておりました・・・・・。
私も気をつけまっす。


<< 膠原病      おにやんま >>