盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 13日

お葬式

今日は知人のお葬式だった。
お経を聞いているうち、元気だった故人の姿がリアルに浮かんできて
人の命ってわからないものだ ・・と考える。

平均寿命まで生きるとすればまだ先の話しだけれど
それでも、もし自分が明日逝ったら・・・と考えたりする。

ー後悔する事はなんだろう?

去年、アナフィラキシーショックを起こして
アッチの世界に片足突っ込んだときの事を思い出した。

強心剤など打たれながら、遠のいていく意識の中
私は雪の坂道の幻影を見ていた。
登っていくとてっぺんの方にあずまやが見えた。
近づくと其処には葬式の時の白黒の幕が掛かっていた。

もしかして、自分はこのまま死んじゃうのかな・・・
息子が成人するまではまだ死にたくないな・・・
あ、今日はまだ洗濯をしていない。
あの洗濯物を残したまま逝くのは嫌だな・・・

そんな事を考えていた。

息子の心配はともかくとして、心残りは洗濯籠の中身?
なんだか情けない心残りだなあーと後で思った。

今日の葬儀の帰り道、列席した人たちと
「我慢ばっかりしてないで、好きな事やって死んだほうがいいのかもなあ
人の目なんか気にしてちゃダメかもね」という話をした。



先日怪我した足の小指はだいぶ治ってきていたが
今日の葬儀で履いた靴が纏足効果を果たしたようで
脱いだら、小指は親指の次に太い指に変身していた。
ドM修行はまだまだ続きそう・・・・うああ。

[PR]

by nanbuneko | 2008-09-13 22:15 | その他 | Comments(2)
Commented by kirink3 at 2008-09-14 14:46
お葬式お疲れさまでした。
人生が長いなんて保証はどこにもありませんよね・・・
今という時間を精一杯生きるしかないのかもしれません。
10代も20代も・・・40代も同じです、きっと・・・
人に迷惑を掛けず、心配を掛けずそれなりに楽しく
過ごしたいです。
私も明日逝くなんて事になったら、困る事が沢山あって
逝くに逝けないです。洗濯物どころじゃありません^^;
あんな物やこんな物にあれにそれに・・・・・
日頃の物ぐさが悔やまれて来ました。

足の小指お大事に
Commented by nanbuneko at 2008-09-14 19:03
■kirink3さん、
>人生が長いなんて保証はどこにもありませんよね・・・
ほんとそうですよね。
明日で終わるって死神?に宣言されたら、自分は何をするんだろうなあ・・・って、ちょっと考えました。


<< 中秋の名月      髪 >>