盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 21日

若い頃、気に入ってつけていたオードトワレは
プワゾンと言う名だった。
「毒」という言葉通り
甘い中にもどっかヒトクセありそうなイメージの匂いだったと記憶している。

オバサンになってからは香水なんて縁の無い生活をしているけど
今、プワゾンをつけたら
「毒」そのもので洒落にもなんないだろうなあ(笑)


・・・「毒」といえば怖いけど
人が人に惹かれるのって
相手の毒のような部分・・ではないかと思う。
毒を吐きまくっているような人は私も苦手だけれど
自らの繊細な所(他人からは寧ろ愛される要因だったりするが)を
覆うように吐く毒って
寧ろ真摯さが見えて魅力的かもしれない。

先日、某デパ地下にエスカレーターで降りていたら
昇りエスカレーターに居た10代と思われるカップルが
人前では謹んで欲しい行為をしている所に遭遇しまして・・・

まあ、パトカーで山中で○らな行為をするヒトもいる時代
若い彼らに「も少しがまんしろ!」というのは無粋かもしれないけど(笑)

でも、オバサンには「目の毒」なので
やめて欲しい~・・・・
他所でしましょうね。他所で。

[PR]

by nanbuneko | 2008-10-21 20:15 | その他 | Comments(2)
Commented by kirink3 at 2008-10-21 23:20
プワゾン覚えていますよ~~
結構愛用してる女性は多かったはずです^^
nanbunekoさんがつけると、『毒』より『媚薬』的な感じ?かな~~(勝手なイメージですみませんm(_ _)m
>人前では謹んで欲しい行為を・・・・
うぅぅ~~~いろいろ想像して妄想しそうですぅ~~

Commented by nanbuneko at 2008-10-22 19:37
■kirink3さん、当時結構広告出してましたもんね。
>、『毒』より『媚薬』的な感じ
いや~どうせなら太字で書いて欲しかったですっ(笑)
実像を知らないって素敵な事かも。多分毒にもならないような気すら・・・

>謹んで欲しい行為
え~、おまわりさんを呼ぶほどの事はしていませんでしたが、結構過激でした。そこまでするかっ!って感じで。
いろいろ妄想してください~~



<< はやいなあ      月光浴 >>