2008年 12月 09日

蟲師

NHKBSでアニメの蟲師が始まった。
昨夜は「緑の座」、
廉子(レンズ)と不思議な力をもった男のヒトの話。
・・・・・・・良かった。
大人のアニメだよねえ。音楽も良かったし。

ヒトでもなければ蟲にもなれない廉子。
やはり、泣きながらみてしまった。

最近涙もろいのは年のせいもあるかもしれないが
蟲師に出てくるヒトに自分の中に棲む「不全感」
・・のようなモノを移入してしまうからかもしれない。

「不満」ではなく「不全」な感覚。
大人になってからずっと抱えて生きてる気がするけど
他の人にはそんな感覚はないのかなあ・・・。

抱えてはいても上手に流していく術を知っているのかなあ。


そんなことを考えながら歩いていたら
絶妙のタイミングで知り合いと逢った。
逢えて嬉しいような嬉しくないようなビミョウな相手。
何年ぶりだろう・・・。


最近、よくばったりとヒトと逢うなあ。
先日も高校の同級生と立て続けに逢った。
そんなふうにヒトと逢う時期ってある。


f0031978_19124773.jpg

                      南 天
[PR]

by nanbuneko | 2008-12-09 20:02 | その他 | Comments(2)
Commented by freshless at 2008-12-10 21:27
「不全」とは違うかもしれませんが、「世の理不尽さ」を描いた映画にひかれます。あがいているのに、うまくゆかない、こんなはずじゃない…結局、そういうことの積み重ねなのかもしれません。
Commented by nanbuneko at 2008-12-11 00:08
■freshlessさん、流石深いですね。
私も、バーン!ドーン!最後に正義は勝つ!(水戸黄門みたい)的な華やかな映画より
そういった映画のほうに惹かれます。
不全感・・・上手くいえませんが、自分から開放されたいのかも。
あ、意味不明な表現ですみません・・


<< 十三夜      しらぬが仏 >>