盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:介護生活( 90 )


2016年 01月 27日

寝不足

きのうの深夜に、母が怪我をしたという連絡が来たため

救急センターに行った。

家に戻ったのがam2時半・・・。



眠れないので、なんとなくTVを点けると、通販の賑やかさが

気を紛らわしてくれるような そうでもないような・・・


そんな訳で、今日は寝不足で仕事中もふらふら。
[PR]

by nanbuneko | 2016-01-27 19:23 | 介護生活 | Comments(0)
2016年 01月 25日

朝焼け


朝焼けを眺める。

雲の切れ間から伸びる帯状の朝日が虹の様で綺麗だなあ・・と思う。
f0031978_19402272.jpg


昨日、母に会いに行くと

見た瞬間、ドキッとするほどやつれていた。

「20年間ありがとう、いつどうなるか分らないし・・・」と言い出すので

心配になる。

車椅子生活になって20年が過ぎたんだよなあ・・・。

いろんなことを思い出してしまった。
[PR]

by nanbuneko | 2016-01-25 23:39 | 介護生活 | Comments(0)
2016年 01月 10日

雪が積もったね

近くの駐車場の雪掻きの音で目覚めた朝。

f0031978_1939677.jpg



先日、長靴を買っておいてよかった~と思う。

f0031978_19392040.jpg




こんなに雪が少ない冬なのに、成人式には裏切らず積もるのね。


うろこ雲がゆっくりと流れていく。
f0031978_19391324.jpg


どこかの北の国の上ではB52が低空飛行したらしい。




f0031978_19392717.jpg


母に会いに行くと、やはり「ここを出てアパートで暮らす」と無理なことを言う。

介護するほうにもされるほうにも相性や理由はあるのだろうけれど・・・。

いろんなことを考えてすこし気が滅入る。


近頃、時々 穴に落ちたかのように急に気分が塞ぐことがある。

冬のせいか

お年頃のせいか

・・・まあ・・・そんな時もあるよね。
[PR]

by nanbuneko | 2016-01-10 20:21 | 介護生活 | Comments(4)
2016年 01月 06日

初売り・初荷・初夢・・・・・

「初」がつく言葉を考えてみる。

f0031978_23432859.jpg


この初物的な考え方は日本独特のものなんだろうか

よその国はどうなんだろう? 


暖かい冬だけれど、亀ヶ池は氷が張っていた。
f0031978_23433473.jpg


教育会館も半分ぐらい姿を消して、向こうの建物が見える。

f0031978_23434877.jpg


昔、教育会館に職場があった人の話だと車なんかも展示していた時期があったらしい。


母が車椅子に乗っていて

何かに脚をぶつけて裂傷をおった・・という連絡が来た。

先日から、投薬拒否・ベットに横たわるのも拒否していて

脚は浸出液でパンパンに腫れ、心配していた矢先のことだった。

バスタオル1枚分も赤く染まったらしいけれど

殆どが浸出液で血液は僅かだったらしい。

これに懲りてちゃんと薬を飲んでくれるといいんだけれど・・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2016-01-06 23:59 | 介護生活 | Comments(0)
2015年 12月 06日

起き上がり最中

なんか、結構寒い日だった。

体調がイマイチなせいか、寒風が堪える。

母に会いにいくと、麻痺して動かないほうの腕を懸命に動かしていた。

「実家に帰って暮らすため、体を鍛えているんだ」と母は笑った。

・・・・・・・・・・・想定内ではあるが、寒風並みに堪える一言である・・・・。



以前にも書いた気がするが

家を売却して施設に入居しているご夫婦を知っているが

納得して家を売却しても、家なき子になったようで、かなり寂しい気持になるそうだ。

母に解体が終わった事を告げたら、とても穏やかではいられないだろうな・・・・。


帰り道、水溜りの氷が寒い気持に拍車を掛ける。

f0031978_19485988.jpg


滅失登記の申請書に添付する案内図をグーグルマップで探した際

ストリートビューで見ると、実家はまだ懐かしい姿を残していた。

(何年か前にさかのぼってもみることが出来るらしいが)

母の中ではずっとこのストリートビューの写真のように

窓越しに台所の鍋釜が写ってみえる家が

ずっと残っているのだろう・・・・・・。



先日、職場で頂いた起き上がり最中。
f0031978_19491345.jpg

可愛いパッケージ。

中の最中も可愛いお姿。
f0031978_19492082.jpg


七転びしたら、かなり傷つきそうだけれど・・・・(笑)
[PR]

by nanbuneko | 2015-12-06 19:49 | 介護生活 | Comments(0)
2015年 11月 08日

言わなくてもいい事


言わなくてもいい事をわざわざ言う人っている。

言われた相手が悲しむだけでなすすべがないことを

いちいち口にしないのが大人の流儀というものである。

・・・・と思うが 自分も知らぬ間に不用意な言葉を発したりしているんだろうか・・




f0031978_22175464.jpg

[PR]

by nanbuneko | 2015-11-08 22:15 | 介護生活 | Comments(0)
2015年 09月 27日

芽が出ていた

いい天気だった。

母に会いに行く。

f0031978_19184959.jpg


一週間前に蒔いた二十日大根はいっぱい芽をだしていた。

母は嬉しそうな顔をして眺めながら 私に間引くよう指示をして

そのあまりの多さに

「種がもったいなかったな・・・」と言った。



某所坂道で見かけたこの植物

もしかしてホップ?

f0031978_191901.jpg


とか思ったけれど、自生してるのは唯一北海道だけなんだそうで

これは、ホップとよく似た「カラハナソウ」とかいうやつかもしれない。
[PR]

by nanbuneko | 2015-09-27 23:16 | 介護生活 | Comments(0)
2015年 09月 20日

二十日大根 種蒔き

母に会いにいく。

プランターのトマトは終わったので撤去して

二十日大根の種を植えた。

f0031978_2022784.jpg


車椅子から種をすこし蒔いて、ゾウさんの如雨露で水遣りをした。

まだ、如雨露の重さに耐える握力は充分にあるようだ。

母は種蒔きも水遣りも、嬉しそうな笑顔でやってくれた。


ちゃんと、育ちますように。
[PR]

by nanbuneko | 2015-09-20 20:04 | 介護生活 | Comments(0)
2015年 08月 09日

色づくトマト

母に会いに行った。

色づくトマトをみて、母は嬉しそうに笑いながら

実家に帰って畑をやる!と 野望を膨らませていた。

f0031978_22245683.jpg


トマトの前まで行くことも水を汲むことも 1人ではできないのに

何故、そこはスルーして 夢を見ているのじゃっ!

スタッフさんから、いろいろ話を伺いちょっとため息の帰り道。


夕方にはすこし雨模様。

あ~、明日は月曜日。

一週間は早い。
[PR]

by nanbuneko | 2015-08-09 22:25 | 介護生活 | Comments(4)
2015年 07月 12日

トマトが実ってきた

いいお天気の日だった。 盛岡の最高気温34℃。

母に会いに行く。

先日から、野菜を育てたいという母の為に、プランターを置かせてもらって

職員さんの手をお借りして、トマトと茄子を育てている。

トマトが実をつけていた。

f0031978_19251085.jpg


母に如雨露を持たせて水遣りをさせると とてもいい笑顔になる。

如雨露といっても、子供が使うゾウさんの玩具のような可愛いもので

しかも、母は手を添えているだけ

実際にはワタシが水遣りしているようなものである。


プランターを持ち込んだのは、育てる楽しみが張り合いになれば・・と考えたのと

ヒトの手を借りなければ、トマトを見に行くことも水を遣る事も出来ない

ということを実感させて

実家に帰って、野菜を作って暮らすという母の野望を挫こうという

ワタシの姑息な目論見である。


そんな、邪まなワタシの前で

母は茄子の葉やトマトを触りながら いっそう野望を強くして

実家に帰って、ワタシと一緒に野菜を提供する飲食店を始める夢を語りだした・・・

そこにはワタシの暮らしや意志は蚊帳の外。

ああ・・・じりじり暑さがしみる日である・・・・・。


子の心、親知らず・・・・(笑)


それにしても、この天候のせいで川の水は少なく

f0031978_19253270.jpg


向日葵さえ暑さにへばっているようにみえてしまう。
[PR]

by nanbuneko | 2015-07-12 20:20 | 介護生活 | Comments(2)