盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 983 )


2006年 03月 23日

死生観

人によって考えは色々。
宗教もいっぱい有るし。
復活を信じるか 輪廻転生を信じるか 
それは違うようでいて同じなのかも。

子供の頃、何故か自分は 
10歳までしか生きられないと思い込んでいた。

10歳の誕生日を迎えたときには
自分はきっと15歳には死ぬんだと思った。
何故かは解らない。
ただ 理由は無いが確信のようなものがあった。

「死ね」とか親に虐待された事もないし 特に病弱だった訳でもない。
特に中学生活は楽しくて 
あれほど楽しかった日はもう来ないだろう
と思えるほど毎日が 生き生きと楽しかった。
それでも そんな中でも 
「自分は15歳で逝くだろう」 と思っていた。

15の誕生日の日 死なずにいる事が何だか後ろめたい気がした。
そして「きっとこのまま35まで そして死ねずに
40、50と歳を重ねていくのだろうー」 と思った。

そしてその通り オバサンとなって今も生きている。
そしてこのまま歳を重ねていくのだろう。

なぜ幼い自分がそう思い込んでいたのか謎だが
不思議と今でも「貰った命」的な感は持っている。

金色の眩しい夕陽などを見ると 懐かしくて
飛び込んで行きたい衝動に駆られてしまう。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-23 16:22 | その他 | Comments(0)
2006年 03月 16日

欲望

幼い時から 欲が無いと云われる。
欲が無いから こだわりも少なく 
我を張って親を困らせる事は滅多になかったそうだ。
「育てやすかった」と親に云っては貰えたが
その本質は 生きる力が 過少だという事だろう。

「優しい人」と たまに云われるが(お世辞?)
私の場合は 「優」ではなく「易しい人」だろう。

体格の割りに小食で 物欲も子供の時から強くは無い。
管理できない程の分量のものを 持ち続けるのは面倒だ。
「明日、お前は死ぬぞ」と 神様に宣言されたら
その日のうちに 捨てられるだけの持ち物で 充分だ。

親しい友人には 「根無し草」 とか 
「生きようっていう意欲が薄い」とか 云われる。

だけど 自分をそう簡単には変えられない。
静かに 密かに 植物のように 生きていきたい。

そう考えていたら ホントに植物のようになった気がする。
脚が・・ない。
考えて歩き出す「脚」が使わないでいたら 退化したような・・

植物化を望んでいたくせに 少し焦っている。
これからでも 歩けるかなあ・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-16 21:39 | その他 | Comments(0)
2006年 03月 15日

合格発表

今日は息子の合格発表の日
「あった~!」 いかった~ 息子の受験番号あるよ~。
沸き立つ場内、若いっていいな。
感激で泣きながらVサインで親の車に走っていく子もいる。
でも その中には 静かに足早に立ち去る親子も・・・

15の春はやっぱり きびしい。

私は大学受験で落ちた経験がある。
自分の努力不足は解っていても 
やはり 暫くは落ち込んでいた。

生きていると 節目節目に
別れや 自分を試される事が待っている。
生きるってことは 修行だって云う人もいるが
確かにそうかもしれない。

どの道を進んだから正解ーと言い切れる訳ではないよなー。

でもとりあえず今夜は 合格した息子を褒めてあげよう。
なんたって びんぼーな我家では 私立は厳しいのだ。
ありがとう。
そして この後も頑張れ!
今日は 好きなだけゲームしても文句はいわないぞ!
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-15 19:42 | その他 | Comments(0)
2006年 03月 14日

やった~

確定申告提出した~!!!

なんてさわやかな 爽快感!
まるで 長い便秘の後 お通じが有った時みたい~
(汚くてすみません)

今日の盛岡は吹雪。
めっちゃ寒い。
それすら 心地よく感じるよー。

ところで 先日から思うのだが、
申告会場、 税務署の電話を受けてくださる方。
なんだか 福島弁っぽい人が多いように感じるんだけど。

忙しいから 遠方よりお手伝い?
・・て今の時期、 何処だって忙しいよなあ~ 疑問。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-14 16:00 | その他 | Comments(0)
2006年 03月 13日

二度リンス

先日のリンスの話し。
廻りに訊いても やっぱ皆 1回だという。
おまけに「リンスって今言わないんじゃない? コンデイショナーよね。」
と 同じ年の友人に馬鹿にされた。

しかし 例の若者達は 「リンス」と発していたし
「リンスする」という表現は有っても
「コンデイショナーする」とは云わない。

さっき洗髪の際 試しに 二回リンスしてみた。
かなり髪がしっとりする。
なんかいい感じ。 明朝が楽しみかも。

夕方 綺麗な月が出ていた。
満月っぽい。
さっきもう一度月を見ようと窓を開けたら 雪が積もっていた・・・

冬に戻ったような盛岡。
冬将軍の最期のあがき?
でも この時期の雪は 嫌いじゃない。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-13 22:30 | その他 | Comments(0)
2006年 03月 10日

確定申告

うーん
唸っても仕方ないが やはり唸りたくなる。
確定申告の〆切まであと 5日しかない。
葬儀やらなにやらで 忙しかった・・とはいえ
どんなに時間があっても たぶんギリギリまで
手を着けなかったのは明白で 駄目な自分である。

マリオス申告会場に訊きに行った。
順番を待っていたら
散々 担当者に聞いた挙句
「こんなことわざわざ来てやりたくねえ~」みたいな 
捨て台詞を吐く 態度の不遜なおじさまがひとり。
担当者 かなりムカついた様子だが 静かに声を荒げず 諭してる。
足元のビンボー揺すりに拍車が掛かった様子。

税務署の人も大変だな~
恐縮しながら 教えてもらうと 意外と簡単で
考えあぐねていた時間が 馬鹿みたい。
「よっしゃー」と 家路を急ぐべく バスに乗り込んだ。

バスの中には 専門学生?らしい若い男女が数人乗っていた。
ちょっと煩かったが 若いっていいなー 眩しい。 
何とはなしに会話が耳に入る。

「リンスって何回する?」
「3回!」
「そうだよね~ 3回が常識だよね。○○(♂)なんて5回だってよー」
「えー俺 1回 」
「きゃー 不潔! 寄るな 触るな やだああ」

・・・・・・いつから リンスは3回が常識になったんだ?
若い子はそうなの? 時代って移り変わるものなのね・・・

因みに私は 2回シャンプーのち 1回のみリンス。

家に帰って 確定申告書を広げた。
あれ? ちゃんと訊いたけど 此処どうするんだっけ?

リンスの仕方も 脳細胞も オバサン仕様だなあ・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-10 16:47 | その他 | Comments(2)
2006年 03月 08日

道路の脇を占領していた雪山も いつの間にかなくなり
あの雪は一体なんだったの?てかんじで
春は急にやって来る。

人生も終わってしまえばそんなモンかも・・・

少なくとも自分の人生には 華とか賑わいとかは無さそうだし。

20代の頃から 好きな言葉は 「平常心」
確かに 燃え滾る何か・・とか 沸き起こる情熱・・とか
そんなものとは無縁な自分。

父は 家庭人としては 褒められるタイプではなかったが
好きなように生きたところも 結構有り
それはそれでいい人生だったのではーと私は思っている。

去年の春に 父が肺に水が溜まって入院した時
苦しがり 意識も混濁していそうだったが

「生きるってたいしたことねえな」

と 付き添っている姉の前でつぶやいたそう。

「たいしたことねえな」 かあ・・・

父は死の直前なんて思ったんだろうか。
[PR]

by nanbuneko | 2006-03-08 22:54 | その他 | Comments(0)
2006年 02月 26日

神社

今日は神社に参拝。
神社にはよく行くのだが 今回は大事なお願い事があるので 
いつもは通れない拝殿通過とかいう儀式を受けた。
記帳の順番を待っている間 
何気に御簾などを眺めていて気づいた。
御簾の上部に使われている布地の模様・・・見覚えがある!

実はここ2年ぐらいだが 明け方4時ごろ
ピーンと眼が醒めてしまう時がある。
まだ明けきらぬ夜の闇の中 天井に見えるものがある。

渦巻き星雲のように ぐるぐる巻いている何か
それはだんだん広がって崩れながら流動していく。

または天井一面に
柊のようなぎざぎざの葉っぱが 散りばめられていたり。
或は、格子模様が天井に広がっていて
籠の中にいるような感覚だっったり。

それを不思議な気持ちで眺めていると また眠りに入り込んでいく。

きょう神社で見た 布地の模様は
まさにその 渦巻き星雲と柊で デザインされていた。

あれって何の意味があるの?

それにしても参拝者の多いこと!
神様って毎日 少ない賽銭で 煩悩ぶつけられて 大変だよなあ・・・
でもやっぱり神様 私の願い事よろしくお願いします!!!
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-26 19:18 | その他 | Comments(0)
2006年 02月 24日

金メダル!

荒川静香選手 感動的だったな~!
なんか 涙が出ちゃうくらい 綺麗で強かった。

ああいうエネルギーを持っているヒトってどんなオーラの色なんだろう。

私なんか希薄な色で放射もたいしたことないんだろうなあ。

ところで オーラでは無いかもしれないけど。
たまに閃光が(蛍の光見たいな感じでもっと青い) 
人の周りに見えるときがある。

閃光が見えたアト、その人は発熱したり 病気になったりって事が多い
(確立9割?)
息子が幼かった時 よく熱を出したが
大抵 胸の辺りに ちかっと 青い閃光が見えた数時間後、
熱を出す事で 閃光との関係に気がついた。

自分の時は 宙に ちかっと見える。
あ、ヤバイ! と思うとその少しアト 病気をすることが多い。

いつもは ちかっとしか見えないのに
あるとき 知人が体の廻りに蛍を放したかのように 
くらい閃光に覆われたのを見たことがある。
話をしているうちに 脂汗を掻き苦しみだした!

即 高次救急センターに運ばれたが
訊けば 胆石もちで 手術予定だがベットの空き待ちだったのだそう。
石が動いて胆嚢炎をおこしたらしい。

ちかっと光る青い閃光 めっきり丈夫になった息子に
見ることは 凄く減った。

 でもなんで 見えるんだろう?
そして 連日病院に行っているのに 
父にも 他の入院患者さんにも光が見えることはない。
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-24 23:59 | その他 | Comments(0)
2006年 02月 23日

トリノ

スポーツニュースでさっきから オリンピックの話題。
大好きな小田和正様の曲がバックに流れる。
ー でも 合ってるとは思うけど 自分には違和感のようなものが・・
この曲で描く画は 私的にはスポーツじゃないモンで

好きな小説が映画化されて 出来が良くても
絶対自分の頭の中に描かれていた映像が一番!
ていうのと 似てる感覚かも。

明日の早朝、 起きてフィギア見なくっちゃ!
いつも5時おきだから 起きるのは苦にならないが
明日の朝はまたもや冷え込みそうな盛岡。

そう簡単に春になってはくれないのね。

今日の父は 少しだけ いい感じ。
私の話が解っているようだった。
[PR]

by nanbuneko | 2006-02-23 23:45 | その他 | Comments(0)