盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2006年 11月 30日

初雪

仕事の帰り、なんか降ってきたと思ったら
霰っぽい雪だった・・・・
私にとっての初雪

明日から12月。
師走の語源て「教師も走るくらい忙しい月」って聞いたが
最近の教師は、年中忙しそうにみえる。

給食費未払い問題がTVで取り上げられているが
経済的問題があるならともかく、なんで払わないの?

友人A子の地域(盛岡ではない)では
給食費は子供会の会計係が集金するのだそう。

初めて訊いた時は「え?なんでそんな面倒な事を・・」と驚いたが
近所の知りあいのお母さんが集金に行くと居留守も使えないし
「払えない」なんて云えないので、回収率100%に近いのだそう。

保護家庭などに配慮ができるなら
意外と優れた集金方法なのかもしれないなあーと最近になって思う。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-30 23:42 | 盛岡 | Comments(2)
2006年 11月 29日

疲れた・・・

本日は純粋に「疲れた」・・・「憑かれた」ではなく(笑)

思わず ぢっと手をみた
いつの間にか手相が変わっているのに気がついた。
私は手相は全然詳しくないが
それでも 物凄く変ったのは分かった。

手相を見てもらいたいと思っても
一体何処に行ったらいいのか分からないから行った事無いし。

最近、思うことがちょっと多いもので(気弱になってる?)
どうも手相でも人相でも占いでも霊能者でも
見て貰いたい」と思ってしまう。。。。他力本願だなあ。。。。。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-29 23:46 | その他 | Comments(2)
2006年 11月 28日

飛行機落下

夢を見た。
飛行機が轟音を上げて頭上を通り過ぎている。
「げっ! 落ちる?」と怖がりながらも
「いつも夢で見るもん、コレも夢で結局落ちないんだろうな」と思った。

するとドドーンと夢にしては珍しくかなり大音量がして
飛行機は川の下流の方に落ちた・・・・・・・・
(夢の中ではかなり珍しいことだ)
風圧でガラスが飛び、女の人たちが叫んでいる。
映画みたいな夢だった。 もちろんカラー。

映画が観たいな~。
フォーラムで「ゆれる」をやるらしいから観にいこうかな?
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-28 23:59 | | Comments(2)
2006年 11月 27日

久々のぐるぐる

今朝、AM4時にすーっと眼が醒めた。
天井を見るとぐるぐるが見えた。
実に久々・・大きいのが1個と小さめなのが沢山。

その後、出かける仕度をしていると青い光がチカッと何度か光る。
やだな~・・気をつけろって合図かな? 注意しよ・・・

事務所に着いた。
いつもなら 玄関付近で例の吐き気とか寒気がするのに
何故か清清しい・・・天気は雨で荒れているのに。

引越し準備をぼちぼち・・・・本やファイルなど段ボール箱に詰め込む。
昼近く、一人きりになった。 ちょっと手を休め窓の外を眺めた。

「もうすぐ、この景色も見られなくなるなあ・・・
結構のどかで此処も悪くなかったなあ、今日は吐き気もしないし」

ーと思った途端、後頭部の真ん中らへんに
出て行け ・・出て行け・・出て行け・・」という念が入り込んできた。

「・・・はい、だから引越し準備しているんです。もう少しお待ち下さい」と
心の中で返答する。 何故か怖くはない。

ところで引越しは サ○イに頼んだので
パンダ印のダンボールが部屋の中に積まれている。

同じ顔のパンダが皆こっちを見ていると可愛い。
ちょっと悪戯して 一個だけマジックで
パンダの目につけ睫毛を書き紅も書き加えた

・・・もしこの部屋に「何者か」が居て見ていたら
『まったく、アホなオバサンだぜ・・・・はあーあ』と
思ったであろう・・・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-27 20:34 | もののけの気配 | Comments(6)
2006年 11月 26日

副反応?

昨夜から左鎖骨から首に掛けて異様に張っている。
痛い・・・初めての経験だ。
もしや ワクチン接種の副反応?左側に打ったのだが。

私は卵アレルギーもある。
生と半熟は食べるとぐったりする。

インフルエンザワクチンは5回目の接種だが
3回目ぐらいから 副反応らしきものが出てきている。
寝込む・・とまでは行かないが すこし辛い。
だるくて今日は日中 だらだらと過ごした。
(息子は平気そう)

さっき、顔を見たら左側がこぶみたいに固まっていた・・・・・

食品などでアレルギーを起こす人の中には
口の周りだけ赤く硬くなり
まるでカールおじさんのような風体になってしまう人もいるそうだ。

明日には治っていますように!!!
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-26 23:46 | その他 | Comments(4)
2006年 11月 25日

予防接種

息子と2人、予防接種を受けてきた。
勿論、狂犬病ではなくインフルエンザの。

仲良く2人並んで、接種してもらうことに。
初めは息子から。
顔を見ていると大して痛くなかったみたいでにこにこしてる。

『じゃ今度はお母さんの方ね』
この看護婦さん、若くて美人なうえ注射の腕前もいいのだ。

ー うわっ全然っ痛くない! 流石~ と思い褒めたところ

『ごめんなさい、ワクチンの量が足りなかったみたい
すみません、もう一回打ちます。ごめんなさいね』

「足りないって・・・体重に合わせて量が決まるとか?」と
冗談のつもりで訊くと

『いえ 歳に合わせてです・・・ちくっとしますよ~ごめんなさいね』

さっきと違って結構痛い・・・・
『ごめんなさいね~やっぱ、沢山入れると痛いですよね』

沢山かアー なんか複雑な気分。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-25 19:26 | その他 | Comments(4)
2006年 11月 25日

事務所

事務所の玄関が
晴れた日でも濡れている事に気がついたのは
引っ越して1ヶ月過ぎたあたりだろうか・・・
朝行くと 朝露も何も関係ないような季節だったのに
玄関前が 「」という文字を描くように濡れているのだ。

引越し当初は 今まで住んでいなかった建物だから
部屋の空気が澱んだ感じがするのだろうと考えていたのだが
どんなに換気をし消臭剤の類を置いても
玄関と すぐ入った部屋の入り口付近にいると
吐き気、寒気、頭痛がする・・・(風邪の感覚とは違う)
気味悪がられるので 事務所内であえて言葉に出した事はないが
訪れた友人などに後で訊いてみると
やはり「ちょっとね・・」と言葉を濁した。

(商売繁盛という名目で)
掃除をし 盛塩をし お香を焚くとおさまるが
翌朝にはまた同じである・・・

この物件、初め見た時感じたのは
ヒッチコック・サイコの「ノーマンの家」・・・・・

別に古い洋館でもなく
フラットなつくりのツマラナイ建物なのだが。

そして困った事にその吐き気を感じるようになったあたりから
順調だった仕事に 何故か不思議とトラブルが頻発した。

結局、来月引っ越す事となった。
あの吐き気と寒気・・もうサヨナラできると思うとホッとする。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-25 09:19 | もののけの気配 | Comments(4)
2006年 11月 23日

不調

どうも体調がいまいち。
眠ろうしてもすっと眠れないし、当然朝は起き難い。

半年飲み続けた漢方薬が効いたのか
蕁麻疹は出なくなったので 最近、時々ワインを頂くが
それでも眠りに就くのが難しい。

「肩もびんびん張って、だるい~」と云ったら、息子が

つかれているんじゃない?』と云う。

「うーん、でも最近忙しくないし、疲れるって程の事は・・」と答えると

『だから、憑かれてるんじゃないの?』

おお、そういうことかいな?
そういえば、ついまた廃屋モノを見てしまったしなあ・・
妙に納得、そして反省。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-23 23:50 | もののけの気配 | Comments(4)
2006年 11月 22日

崖っぷち犬

TVのニュースで 
犬がレスキューされる様が映っていた。
6日も前からあの高い絶壁から動けずにいたそうだが
ネットに捕らえられて良かった良かった。
レスキュー隊員の方もご苦労様だったなあ・・
各局であんなに報道されて、たぶん引取り手もすぐ見つかるだろう。

でもあの犬、ただの野犬として平地を屯していて
保健所に捕獲されたのだとしたら
どんな結末が待っていたのだろう・・・・

何でも「運」というものはあるのだろう。

あのレスキューされる映像をみて
「自分の事も誰かレスキューしてくれよ~」と
呟いた人間は、結構いるのではないか? なんて思った。

今日の盛岡、やたら風が強い。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-22 23:32 | その他 | Comments(8)
2006年 11月 21日

今日は母に会いに行ってきた。
最近、行く度思うのが
父が逝ってからずいぶん落ち着いたなあ~と。

10年前、脳溢血で倒れ介護が必要になってから
「コレって私の知っている母さんじゃない!」という姿を沢山見た。

我儘に怒鳴ったり 被害妄想に陥ったり
一時期は本当に別人のようで
我慢強くて優しかった母は もう何処にもいないんだな・・と
諦めた気持ちになる事も多々あった。

今は・・とても落ち着いている。
今の母は、私の知っている母だ。
もう、逢えないだろうと思っていた母だ。

帰り道、歩きながら子供の頃を思い出した。
[PR]

by nanbuneko | 2006-11-21 23:49 | 介護生活 | Comments(4)