盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 31日

大晦日

掃除はそれなりの処で手をうったが
ガスレンジとトイレ、水周りだけは念入りに掃除した。
やはり火や水を使うところは
神様がいるのかも・・・と思うと手を抜けない。
あ、PCも丁寧に拭いた・・毎日お世話になってるしね。

明日は元旦から病院で医師の説明を受けることに。
ノロウイルス騒動以来、久々の母との面会だ。

あと数時間で2007年。

年齢とともにセレモニーとしての正月は意味をあまり持たないけど
「生きている」と言う事は実感するようになってきた。
オバサンの証?みたいなものかも。

「良いお年を!」
若い頃は形骸的な言葉だと思っていたが
今は心から思う。

良いお年を!!
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-31 20:06 | 介護生活 | Comments(6)
2006年 12月 30日

2006年

今年はホントに色々有った。
正月そうそう細木○子信者の親戚のオバチャンに
「南部猫ちゃん、あんた、今年は悪い年だ~」と予言され
正月そうそうそんな事を云わんでも!とむっとしたが
果たしてその通りの2006年だった。

正月そうそう父の入院、帰らぬ人に。
事務所の二回もの引越し。
そして年末に来て母の入院。
他にも次から次といろいろ・・・
でも自分はとりあえず大きな病気をせず切り抜けられたのだから
たいへんでも良しとしなくては。

大掃除はしていない。
アメリカでは春にするそうだから、それを真似て春にする予定
何もこの寒くて忙しい時期にしなくても・・・
今日の夕方まで仕事だった為、1日では大した事出来ないし。
春なら窓を全開にして思いっきり掃除も出来るだろうし。
(でも春になったら忘れてるかも・・・・・・・)

私の母は真面目に年末を動き回り
寒い中、無理をし 11年前脳内出血で倒れ
介護生活が始まった。

だから、この寒い時期の無理はするものでは無いと思っている。
普段の掃除を少し念入りにし、花を飾る程度にしている。

2006年もあと一日
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-30 23:58 | その他 | Comments(2)
2006年 12月 29日

青い光

2、3日前当りから 時々カチツという感じで
目の前に青い閃光が見える。

「気をつけて!」という意味だろうか?

一昨日風呂に入ろうとドアを開けたら
金色の光も見えた。
ちょと 期待???

年の瀬で体はかなり疲労している。
正直、此処まで疲れていることは少ない。
「忙しい」という字は 「心」を「亡くす」で出来ていると
実感する事が最近多い。

仕事関連で理不尽にヒステリックに怒られると
一度でいいから お笑い芸人のように
あ~い トウイマセ~ン」とは言ってみたい衝動にかられるのだ・・・
一度でいいから言ってみたい。

連日、夜中2時半とか3時半に目が醒めてしまう。
母にはまだ会えない。

疲れた~~
31日から お休みだ!!
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-29 21:04 | もののけの気配 | Comments(4)
2006年 12月 27日

ノロウイルス

母はすい臓と肺の水を抜いてから 少し落ち着いている・・そうだ

そうだ」と他人事なのは
先日から、母の入院先でノロウイルスが院内感染し
入院病棟に家族も入れない為だ。
よって、その後の検査結果を
今週初めに訊きに行く筈だったがそれも出来ず。

ただ電話で、今は母の状態は安定している事
ノロウイルスのせいで暫しは家族も病棟に入れないことーを訊いた。

一体病棟はどんな様子なんだろう?
そして母は?・・・・・・・・・・

もともとの病気の他にノロウイルスにも感染しませんように
サンタさんはもう帰っちゃったろうから
今は、神様に祈るしかない。

2006年、残すところあと4日。
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-27 23:26 | 介護生活 | Comments(4)
2006年 12月 24日

AM1:05の着信

昨夜、なかなか寝付けず
それでも12時ごろには眠りにつけた・・はずだったのに
AM1:05 ピッと眼が醒めた

それと同時に 電話に着信が有る前の「カチッ」という音がした。
(家の電話はナンバーデイスプレイにしているが
着信があると「フ~~カチッ」と言う音がしてから
ライトが青く点き相手の番号が表示される)

そして青くデイスプレイ部分が光ったと思ったらすぐ消えた

父が逝った時も朝の5時過ぎ同じような事があった。
やはり着信履歴は残っていなかった。

もう全然眠れなかった。
いつ病院から電話が来るのだろう・・・眠れなかった。

結局朝になっても電話は来ず。
姉が病院に行ったら、ノロウイルス対策らしく
全室面会禁止・・・で母には会えなかったそう。

そんな訳で母の容態は掴めず。

AM1:05の着信。
あれは一体・・・・悪戯電話か?
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-24 23:52 | もののけの気配 | Comments(0)
2006年 12月 23日

クリスマスイブ前夜

一応、仏教徒のつもりなのだけど
お付合いのクリスマスケーキを購入。
頂き物のクリスマスケーキも仲間入り
シャンパンも頂き物・チキンは出来合いで
一応クリスマスらしき食卓となった夜。

今日は兄が東京から母に会いに来たので
いろいろ今後のことについて話し合う。

母は今日はとても調子が良くて
久々に兄の顔が見られてとてもご機嫌だった。

泣いても笑ってもあと1週間もすれば今年も終わり。

幼い頃、兄姉から「サンタはいない」と教えられていた末っ子の私。
ああ、でも願いが叶うなら 
サンタさん母にもう少しだけ時間を下さい。
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-23 23:55 | 盛岡 | Comments(2)
2006年 12月 22日

厳戒態勢?

今朝のTVで盛岡の病院での
ノロウイルスの集団感染のニュースをやっていた。
該当の病院の映像も映ったが名前は出ず
夜間の撮影の為、何処の病院か私には解らない。

まさか母が入院している病院じゃないよね

朝8時半、行ってみると顔見知りの看護婦さんに
マスクの着用を勧められる。
入院患者さんの中でもマスクしてる人もチラホラ・・・
トイレも消毒液が増えていた・・ちょっとドキドキ。

怖っ~~~~。

週末なのと怒涛の12月のお蔭で目の下の隈が酷い。
なんか貧血起こしそう。
まあ・・そんな時期も有るよね。
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-22 23:58 | 介護生活 | Comments(2)
2006年 12月 21日

今朝も母の病院へ。

眠っている。
ひたすらいびきをかいて眠っている。
先日までは点滴を外そうとしたり手が掛かったが
今は動かず、静かに眠っている。

寝顔を見ながらいろんな事を考える。
今の母の顔はふっと死んだ祖父に似て見えたり、
また祖母の方に似て見えたりもする。

父が逝く前の数日も
祖父の顔に似たり祖母の顔に似て見えたり
まるで赤ん坊のよう
両親のどちらかに似た顔に変化してみせた。

そして、そんな親を見つめる今の自分の顔は
娘の顔をしているのだろうか?
それとも、多少なりとも色々な事をくぐってきた
オバサンの顔をしているんだろうか?

今朝の病院の窓からは飛んでいる白鳥の群が見えた。
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-21 23:29 | 介護生活 | Comments(2)
2006年 12月 21日

眠れぬ夜

昨夜、11時半には床に就いたがなかなか眠れなかった。
そのあとすっと眼が醒め 時計を見るとAM2時半
動悸がして苦しい。
父が入院してる時、
不思議と父の患部と同じ場所が急に痛みだしたりしたので
もしかして今母は胸が苦しいのだろうか?・・と思ったりする。
(実は更年期の症状だったりして?)

それからAM3時半4時半と眼が醒めた。
体は結構疲れているはずなのに途切れ途切れの眠り。

ああ 今日も一日始まるな・・・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-21 05:29 | 介護生活 | Comments(2)
2006年 12月 19日

寒い朝

寒い。
早朝5時にゴミを出しに外に出た。
冷えて張りつめた空気に触れると
心の奥底から眼が醒める気がする。

この季節、雪国生まれの本能みたいなものを
自分の体内に感じる・・・(て、ちょっと変態っぽい?)

今朝も仕事の前に母の処へ。
医師と少し話す。
肺に水が溜まっているのでかなり 悪い状況らしい。

本人を見ていると重篤感はないが
急性膵炎の話を人から聞くと
喋って元気そうに見えても安心出来ないらしい。

母は「足袋とか靴下の入った自分の袋はどこだ?」
と しつこく訊く。
そして「リュックに詰めるのに足りない・・」と独り言のようにいう。

父方の祖父が亡くなる直前、
草履は何処だ」と
まるで旅に出るような事をうわ言で云ったと聞いていたので
今日も吃驚して母を見つめた。

母の今入っている病室は 
2月に父が亡くなった部屋と同じ部屋だ。
[PR]

by nanbuneko | 2006-12-19 22:15 | 介護生活 | Comments(4)