盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2007年 06月 29日

ブラックブック

来月からの出稼ぎ仕事に向けて
今日は鋭気を養う日?
・・・そんな訳で映画鑑賞。

私はそれほど映画を見に行く訳ではないが
薄暗い場内に入っていく時の
シャバとは切断される感覚というか
穴蔵にでも入っていくような感覚が好きだ。
茶室のにじり口・・とまで行かなくても
日常では無い空間にいざなって貰えるところに惹かれる。

今日は「ブラックブック」を見た。
集中力に欠ける自分は長丁場の映画だと
必ず途中で時計を見たり
現実の世界の事が頭に浮かんでしまうのだが
今日は2時間24分、嵌り込んで見ることが出来た。

ちょっと見ていて苦しい場面も有ったが・・良かった。
確かに「氷の微笑」を思い出すようなシーンもあった(笑)

今日は雨模様。
連日暑かったから恵みの雨。
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-29 15:50 | その他 | Comments(4)
2007年 06月 28日

身嗜み

息子の運動着を洗おうと半パンのポケットを確認したら
箱状の何かが手に当った・・・・
取り出して見ると「顔の脂取り紙」
確か先日は、体育の後使うって制汗剤も持っていったはず・・・・

朝のドレッサーは私が使う前に何故か
ドライヤー・眉ブラシ・眉バサミ・コットンが散らばっている。

それらはいつの間にか息子と共有になっているのだ・・・
「使ったら元の位置に戻してよ!」度々注意するが
使うことには熱心だが片付ける事には無頓着だ。

今さっき、風呂に入るのに「ムダ毛そり用剃刀くれ!」
そろそろ水泳の授業が始まるらしい。
息子の話によると今時は
すね毛の処理は「フツー」らしい・・・・・

時代といえばそれまでだが・・・いいのかコレで!?
そのうちドレッサーに睫毛のビューラーとかマニュキュアとかが
散らかるようになったりして?と少々不安ではある。
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-28 23:06 | その他 | Comments(4)
2007年 06月 27日

サトラレ再会

今日、横断歩道に佇んでいたら
「あれっ!」と言う声が聞こえた気がした。
見ると横断歩道50m位?向うの白い車が気になる。
前を通過する時、こちらをみている顔が・・・・サトラレだった。
数年ぶりで顔をみた。
・・・やはりサトラレサトラレだった・・・・
思い違いかも知れないが「聞こえた」気がした。

で、当方が考えた事が向うに聞こえているのかは
やはり謎のままだが・・・

さっき、カラダを鍛えようかと
流行のなんとかキャンプのマネをしていたら
息子が云った。

「それ・・猫踊り?」

・・・どうしても運動というより猫踊りにしか見えないそうである・・・
ふっ・・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-27 23:39 | 生モッケ | Comments(10)
2007年 06月 26日

最近の母

最近の母は元気である。
もう自分で車椅子を漕ぐのは無理だと思われていたのに
(以前ほど自在ではないが)マイ車椅子を漕いでいる。
すい臓のほうも落ち着いているらしい。

ただ・・落ち着かないのは心のほうで
年に何度か罹る「施設を出て家に帰りたい病」が悪化の一途である。

「お金が掛かるから」
「○○さんと喧嘩したから」←年寄りの喧嘩というのは結構厄介である。
「食事が口に合わない」
「薬が苦い」
ありとあらゆることに文句を云い
家に帰してくれなければもうお前とは親子の縁を切る!

これで何度親子の縁切りが行われたことだろう(笑)

そしてこんな時期は負のエネルギーが全開のようで
母が生まれてから今日に至るまでの不遇な出来事が
繰り返し述べられる(しかも大声で)。

放埓だった父の事や姑・小姑の冷たさなど
耐えるだけ耐えて清算できなかった母の負の感情が
部屋で黒くトグロを巻いているようだ・・・・・

母は「善き人」だったと思うし「善き人である為」に
かなり無理して苦労をして我慢をして暮らしてきたと思う。

脳溢血で倒れ車椅子での生活になってから
その払拭できない感情が火山のように噴火する時期がある・・
じっと訊いてはいるが、心の奥底では
「其処まで我慢しなくても良かったんじゃない?」という言葉を
飲み込んでいる自分が居る。
(母の人生を否定しているのでは決してない)

「人の為に生きるな、自分の為に生きろ」
最近、母が私に言った言葉だ。
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-26 22:28 | 介護生活 | Comments(4)
2007年 06月 25日

興信所

近所の独身のお嬢さんの事を調べに
興信所から電話をもらった事がある・・・という知人の話。

「興信所ですが
ご近所の○○さんの事についてお伺いしたいのですが」

・・・はあ?ホントに興信所?・・と不審に思っていると

「○○さんの就職先のほうから調べるよう依頼されておりまして
・・・・・どのような方でしょうか?」と聞いてきたそうである。

『あの・・ご挨拶する程度のお付合いしかありませんので
お答えできる事はありませんが』と答えると
興信所と名乗った男はあっさりと電話を切ったそうだ。

ホントに興信所なのか?調べる理由がホントかどうかはともかく
興信所に調べられているって、ご近所に知れるだけでも
如何なものかと・・・・・・・

ご本人は当然知らない事だろうし。
自分が知らない間にそんな事が行われていたなんて
本人が知ったらショックだろうな・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-25 20:27 | その他 | Comments(4)
2007年 06月 24日

アシナガバチ

数日前、自分の部屋の出窓を外から見上げたら
シャワーヘッドのような形の蜂の巣が!
蜂の姿は良く見えないが
多分アシナガバチではないかと思う。

スズメバチほどの脅威は無いが
洗濯物などに付いてきて刺される事が多いらしいから
油断は出来ない。
しかし、位置的に下からも横からも
取り払うのにかなり難しそうだ。
ちゃんと安全な場所に巣を構えるあたり
敵ながら?流石である。

どうしようか? 駆除法などを検索。
3m先にも届く蜂撃退用スプレーがあるらしいので
購入しようか?と思った矢先、見上げたら
蜂の巣の真下に蜘蛛の巣が張られていた。

まるで待ち受けているかのような位置。
蜂 vs 蜘蛛・・・・どっちが強いかは知らないが
生きていくってやっぱり厳しい。
というか厳しいのが当たり前・・か。
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-24 23:59 | その他 | Comments(4)
2007年 06月 23日

電脳コイル

さっきTVを点けたら
NHK「宿坊ココロとカラダ満つる旅」という番組をやっていた。
最後の方しか見なかったが
ご住職の「恐怖は自分自身が創り出すものなのです
という言葉がとても心に残った。

確かに闇の中に独りで置かれると恐怖心が沸いてくるが
闇は襲ってくるわけでも暴言を吐くわけでもない。
それでも恐怖を感じるのは自分の中で
何か怖いものを創り出してしまうからかもしれない。

今日は電脳コイル(NHK)がPM6:30~ある!
先週1~5回をまとめて放送したのを見てすっかり嵌ってしまった。

警察が終った今、楽しみはこれよ~♪
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-23 17:12 | その他 | Comments(4)
2007年 06月 20日

名僧の一言

昼、本屋さんを屯す。
目的は脳トレ系の本。 最近必要性を感じて・・・
いろいろ試し読み。

うーん、百ます計算は今更嫌だし
アーユルベーダー式計算もいまいちピンと来ない。
ぴんと来ないのは当方の頭の方だが・・・・

結局、全然関係ない
名僧の一言 と言う本を購入。

くすみがちの今の自分に
ぴったりと寄り添ってくれる本だった。
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-20 23:57 | Comments(4)
2007年 06月 19日

温泉

今日は温泉に行ってきた。
といっても市内の住宅地の中にあるので
気軽に行ける距離の温泉だ。
今年オープンしたばかりなので施設も新しく気持ちがいい。

炭酸泉には初めて入った。
これが結構私には効く感じ~。
上がって速攻で効果を確信した。

ところで温泉に浸かっている間
壁に張ってある効能を読んでいたのだが気になることが。

※以下、効能の一部抜粋     心臓病の方
    高血圧
    血糖値が気になる方
    胃腸病
    脚気
  ←えっこんなのも治るの?
    男女生殖器←えっ?こんな表示初めて見た!

他にはリウマチとか肌荒れとか一般的な効能が書いてあったが
男女生殖器」・・・・この効能っていったい・・? 謎である。
出来れば細やかに表示して欲しいと思ったり(笑)
「血糖値が気になる方」であって「糖尿病」とまでは書かない所も
奥が深そうだ・・・・

湯船の中で効能書を熟読して?長湯したが
湯あたりもしなかったし 速攻で肌の様子も良くなったし。
疲れもとれてリフレッシュできた。


さっきニュースで渋谷のスパ爆発の映像をみた・・
物凄くショッキングな映像だった。
 

   
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-19 22:14 | その他 | Comments(6)
2007年 06月 18日

蜜蜂

よく通る路で、最近蜜蜂がやたら飛んでいると思ったら
その付近の家の窓の下の板壁の隙間に
大量の蜜蜂が入ったり出たりをしていた。
其処の家の窓の下を巣にしてしまったらしい。

暫し立ち止まって見入ると
ひっきりなしに出入りを繰り返し忙しそうだ。
蜂って本当によく働くんだな・・・感心。

女王蜂に仕える事に疑問をもったり
今日は休みたいとか思ったりはしないんだろうな・・・
(思っていたり、組合があったりしたら怖いけど)

自分でもよく解らないけど
懸命に働く蜜蜂を見ていたら妙に感動を覚えた

ところで、少し前、蜂蜜に甘味料混入とか抗生物質残留とか
輸入の蜂蜜の危険性がニュースになっていた。

私が子供の頃、母は地元の養蜂家から直接蜂蜜を
分けてもらっていたのだが
あの金色の「トチ蜜」はとても美しく甘かった。

大人になって自分で蜂蜜をスーパーから買うようになったが
べたべたした甘さと舌に残るエグ味が苦手で
蜂蜜を買うことは無くなっていたのだった。
あれは混入物のせい?

それにしても食べ物って選ばないと怖いなーと思う。
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-18 23:45 | その他 | Comments(4)