盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 02月 15日

巨大氷が降って来た!

今朝6時ごろ 一体何がどうした!?と
叫びたくなるような轟音と共に家が揺れた。

窓を開けてみると 隣のアパート二階の屋根から
雪庇が 一気に雪崩落ちたらしく
10kgの米袋を二個繋げた様な 氷の塊が
家の物置屋根に3つ鎮座
庭にはそれを更に大きくしたようなのが 2つばかり散らばっている。

当然物置には穴が開き 融け始めた氷で雨漏り状態。

人に当たっていたら即死だよなー

今年の信じられない積雪と寒さで 屋根で成長した雪庇
これから春に向けて軒下は要注意!

父は胆泥をとる処置をしてもらったら
熱は37度台におさまっている。
行くと 穏やかな顔で眠っている。

5年前此処の病院にお世話になったあたりは
まだまだ元気で 看護婦さんの手を握ったりして やんちゃだったが・・

日によって 死んだ祖父に似て見えたり祖母に似て見えたりする。
赤ん坊が 両親のどちらにも日によって似て見えるのと一緒なのかも。
不思議だなあ。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-02-15 23:18 | 盛岡 | Comments(0)
2006年 02月 13日

雨の盛岡

昼、父に会いに行くと布団を2枚着せられて がちがち震えてる。
39.1℃も熱がある。
大丈夫かな? 不安を感じながら家に帰る。

2時過ぎから 経験した事が無い腹痛に悩まされる。
これってもしかして 例によって父の病状の憑依? と思っていると
やはり 病院から3時ごろ呼び出しコールがきた。

40℃も熱があって 
検査したら胆嚢に泥のようなものが溜まっているらしい。
このままでは 危険なので明日 局所麻酔で処置するとの事。

覚悟は出来ているつもりでも
やはり 気持ちは落ち着かない。
今家に居ても 電話が鳴るのが怖い。

ーとはいえこうしてPCの前に居るのだから・・
親不孝な娘かも?

介護生活10年の間には「危険」だった時が 何度かある。
その度 命の糸をきらずに来た父だから
今回も乗り切れるのでは?
そんな 楽観的な気分もある。

父と母の確定申告しなくちゃなあ・・・
こんな時、 何暢気な事考えているんだろう。

今日は午前中雪。
夕方から雨、 気温が上がって今はぷらすの5℃。
この時期、 盛岡でこんな気候は珍しい。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-02-13 19:19 | 介護生活 | Comments(0)
2006年 02月 12日

友人A子

学生時代からの友人A子から まびきワカメが送られてきた。
春まじかの今の時期にだけ楽しめる 海からの贈り物だ。
酢醤油で頂くと 美味しいし 体がすっきりした感じがする。

お礼の電話をすると A子は近況報告をしてくれた。
なんでもシートベルトをせずに運転して
おまわりさんに捕まったんだとか。

ー以下A子談ー

 だってすぐそこまで行くとこだったんだよ~
で、悔しいからつい「私妊婦なんです」と言ったの。

  ※ A子は町内のスイミング教室で
  自腹を「妊婦」と間違われた経歴あり。
  現在も 清く正しく 「自腹」である。

 そしたら 「あとで母子手帳を持って交番まで来て」って
いわれたんだけどさ~ 捕まえたおまわりさんて巡回に来る人で
家の家族構成知ってるのよ~
やだわー どうしよー。

  ※彼女には既に3人の子供がいる。


私だったら本気で悩むところだがA子は全然平気そう。
妊婦です!なんて言葉 絶対思い浮かばない。

一体どうするんだA子!
因みに 私と彼女は性格が180度違うと言われています。
「どうして2人は友達なの?」とも。 

 念のため。

 
 
[PR]

# by nanbuneko | 2006-02-12 23:57 | 恥かしい話し | Comments(0)