盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 15日

不思議な夢

数年前のことだが、不思議な夢を見たことが有る。
本町某所の旅館の夢だった。

以下夢・・・・・・・・・・・・
 番頭さんのような人に招きいれられて建物の中に入った。
 勧められるままに階段を登る
 すると番頭さんも1階も影のように朧に揺れて見えなくなった。
 
 2階は続き間の和室に 真っ赤な毛氈が敷かれ
 その上に黒服や紋付姿の人たちがこっちを向いて坐っている。
 皆、濃くて整った顔立ちで芸能人のような顔をしてこっちを見てる。

 すると昭和初期の設えと思しきピンクのワンピース姿のお嬢さんが
 現れて たおやかな顔で挨拶し
 「皆さんでネコヤナギを観ましょう」と窓を開けた・・・・・


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
目覚めて、「なんでこんな夢を?」と思った。
その翌朝、たまたま乗った県交通の循環線『でんでんむし』が
その旅館の前を通ってハッとした。

その旅館は重機で壊されている最中だったのだ。
妙に気になった。

県立図書館でその旅館のことを調べてみた。
盛岡タイムスで出している 老舗の特集みたいな本に
その旅館は載っていた。

実は調べるまで私はその店が旅館であることを知らなかった。
存在は知っていても「お蕎麦やさん?」とか勝手に思っていたのだ。
当然足を踏み入れた事も無い。

なんで夢に出てきたのか?
夢に見たあの店の作りは 本物と一緒なんだろうか?
知りあいで其処に入ったことの有る人は居なくて解らず仕舞だった。

今はその場所にはマンションが聳え立っている。
通る度 あの鮮明な夢を今でも思い出す。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-05-15 20:01 | | Comments(0)
2006年 05月 14日

赤い月

そういえば同じタイトルの本があったなあ・・・

さっき 窓越しに赤い円形のものが見えたから
げっ! 誰か死んだ?! と怯えたら
東南に浮かぶ 赤い月だった。
春の月って なんでこんなに艶かしいんだろう。
怖いくらいきれい・・暫く見とれてしまった。
さっきスーパーに行ったが 通り道の
桜の終わった公園は 青々しい香りがした。
季節は変わっていくんだなあ。

風邪気味のようで 今日は寒気がする。
今日こそは 早めに寝るぞ! たぶん・・・・
眠る為?に 赤ワインを飲んでみた。
ー蕁麻疹出ませんように! これって賭けだよなあーー。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-05-14 20:46 | 盛岡 | Comments(2)
2006年 05月 12日

二戸

今日は 銀河鉄道で二戸まで。
途中見える岩手山は やっぱり盛岡とは違って迫力~。
水を張り始めた田と 若干残っていた山桜もきれい。

車窓から見えるのは殆どが山。
春の息吹とでもいうのか、萌え出すエネルギーというか
それが山や林から溢れ出ているのが
窓越しでも凄く伝わってきて なんだか怖いくらい。

いままでそんなふうに感じた事は無かったのになあー
今年は何でだろう?

感受性が増したんじゃなくて 自分の体力が無いからかもしれない。
(結局昨夜も眠れなかったし)
雑木林なんかも 全体からパワーが溢れてて凄い。
あの下草の一本にも今の自分じゃ負けそうな気がしてきた。

二戸駅のなにゃーとで「たらちね」(菓子工房・栄宝堂)
というお菓子をお土産に買った。
寂聴さんが命名したんだそう。
餅粉に砂糖とくるみ・胡麻で練りこんだ和菓子。

帰って食べてみたらすんごく美味しい!
配ったヒトにも好評だった。

帰りの電車では、隣のオバサマ二人もパワーに満ちていた。
溢れる声量! 尽きぬ話題!
耐えかねて 隣の車両に移ったが
駅に停車する度、声はそこまで響き渡っていた。

今日はパワー溢るるものと 遭遇する日だった。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-05-12 19:22 | その他 | Comments(2)