盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 04日

延命治療

父が逝って35日は経過。
心配した母も思いのほか元気で
やはり女は強い!!

TVには延命治療についての事件が流れている。

「一秒でも長生きして欲しいというのは
死を受け入れられない家族のエゴだ」と 
当事者の医師が言った。
私も同意見だ。

母が12年前脳溢血で倒れた時、
担当の医師は手術をあまり勧めなかった。

手術が成功しても必ず後遺症は残る。
寝たきり状態になって
「誰が看るか」で揉める親族、行き場の無い患者を
厭というほどみてきたそうだ。

「母が人の世話になって生きていくのを望むだろうか?
ーたぶん 潔く逝きたいのでは?」 とも考えた。

しかし 「手術拒否=死」 を 
その場で決定して受け入れる勇気は
自分には無かった。

半身麻痺の後遺症でリハビリを受け
トイレもいちいち人を頼らなければ無くなった母に
「なんで死なせてくれなかった」と
何度も 泣きながら 言われた。

死は 誰のもの?

最期の2ヶ月の父は 殆どの時間を
いつも苦痛にゆがんだ顔をしていた。
肩で息をし 眉間に皺を寄せ
話しかけても答えず  「苦行」をしているかのようだった。

死に顔は 穏やかで 開放された様な顔をしていた。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-04-04 22:42 | 介護生活 | Comments(4)
2006年 04月 03日

個人情報

昔と違って 個人情報は守られる・・ということになっている。
確かに合格発表も番号だけだし
昔と違って何かと規制は多い。
偏った感は否めなくても 野放し状態よりは良いに決まっている。

ただ昔ながらの 「井戸端会議」的情報 となると
「保護」なんて言葉は存在しない。
ささやかな情報に 誰かの想像力や サービス精神やら妬みやら
いろんな要素が加えられるものだから 情報が拡散する頃には
とんでもない事になっていることもある。

今日 バスに乗っていたら
綺麗に身なりを整えた 妙齢のご婦人達が向かいに座った。

近況などを和やかに話していたが
ご近所の 噂話をし始めた。
話に夢中で「的」のお方のフルネームやら家のことやら
大きな声で話し始めた・・・バス中聴こえてるんですけど・・・
しかも結構マイナス要素の多い話。

こんな場面に遭遇するたび
「戸は建てられない」にしても
なんとかならないもんかと思う。

どんなに綺麗にお化粧しても
好奇心丸出しの大声は美しくないです。

自分も友人と茶飲みする時は気をつけよ・・・・
[PR]

# by nanbuneko | 2006-04-03 20:30 | 盛岡 | Comments(0)
2006年 04月 02日

年度末

書類作っていたら もうAM2時になろうとしている。
そろそろ眠ろうかなー。
パソコンて根詰めて使うと手足が冷えてくる感じがする。
足がさわさわする・・・ 年かな。

最近読んだ本によると
言葉っていうのは大事で「もう年だから~」とか
「どうせ○○だから」といった 否定的な言葉は
それが謙遜から発した言葉でも
「事実」として脳が認識するそうで・・・

じゃ 「ウチってビンボー」とか「もう年だしね」とか
私が頻繁に云う言葉はダメだって事か・・・

「私ってまだまだイケテル! 20代に負けないわ!」とか
「記憶力も人並み以上!どんな仕事でもこなせるわ!」とか
云っていれば 脳がそれを認識して 空言であっても
いい結果を産むのということか・・・

昨日息子の前で
「わたしまだまだいけてる~」と云ってみた。

ーお母さん、・・・とうとうキタ?!
若年性アルツハイマー・・・あ、若年性は要らないか・・・-

やはり ひとりの時 云うべきだった。

これからでも白馬(駄馬でも可)に乗った王子さまが
現れないかなあ? と鏡にむかって云ってみた。

鏡は当然無言・・・でもそれが答え?

さ、 ねるかあ・・夜更かしはお肌に対敵!
[PR]

# by nanbuneko | 2006-04-02 02:04 | その他 | Comments(0)