盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生モッケ( 145 )


2007年 12月 22日

恐怖の冬至

今日は冬至。
南瓜を炊いて、夜はゆず湯に入る日。
南瓜は知人から大きいのを一個頂いたので買わずに済んだ。

夜、南瓜を割ろうとしたら(電子レンジで丸ごとチンしたのに)
なかなか包丁が入らない。
「寒いところに置いたから凍っているかも・・」と
下さった方の言葉のとおりかなり冷たい感じ。

やっと真ん中から割れた南瓜、やはり凍っていた。
今年は寒いなあ・・・などと思いながら
種を取ろうとスプーンでえぐると
虫食い状に穴が空いている事に気がついた。

あれ?ちょっと虫食いのあとがある。
でも、農薬まみれじゃない明かしだし!と気を取り直して
包丁で虫食い状の所を切り捨てていると・・・・

蠢く何かが!!!!!!
「ひえ~びょんびょんじゃん!」

  ※びょんびょん=南瓜の中にたまに棲息している
             蝿の仲間の幼虫。
             よってその形状は蝿の赤ちゃんと酷似している。


以前、秋だか夏だかに頂きものの南瓜を割ったら
中から元気なびょんびょんが大量に飛び出し
泣きながら始末したという事件があったが
まさかこのクソ寒い盛岡の冬にまたびょんびょんと遭遇しようとは!

初めは凍って動かなかったびょんびょんも
台所の暖かさで仮死状態から生還したらしく
うにょうにょと10数匹、蠢いていた・・・・(涙)

今日は、冬至。
[PR]

by nanbuneko | 2007-12-22 20:03 | 生モッケ | Comments(8)
2007年 09月 08日

水撒きじじい

某所在住のX子の数年前の話。

X子は気になっていたそうだ。
明け方、時々水を撒く音が聞こえるのだそう。
まだ暗い明け方、ざぱーんざぱーん!と聞こえてくるのだそう。

6時ごろ起きて自分の庭を見ると
しっかりと水が撒かれているのだそう。
不思議である・・・・一家で不審に思っていたそうだ。

ある朝、その日は6時近かったそうだが
ジョボジョボジョボ・・・と庭の水道から
水が流れる音が聞こえてきたそう。
「え!正体をみなきゃ!」  
X子は跳ね起き窓の外を見ると
初老の男がX子の家の庭に入り込み
水道の前に佇む姿が!

「なぬ~!」
そんな気持ちでばたばたと玄関から外へ向かうと
その男はあわてて蛇口を全開のまま逃げだしたそう。

蛇口を閉めながらX子は恐怖におののく・・というか呆れたそう。

その男は隣の事務所の社長で
時々、事務所に寝泊りしていたそう。
日頃から水撒きが好きで雨の日でも傘を射しながら
(自分の事務所の水道から)水撒きをするほどだったそう。

それにしても・・・其処までして水撒きってしたいもの?
[PR]

by nanbuneko | 2007-09-08 16:33 | 生モッケ | Comments(4)
2007年 08月 05日

バテ気味

めっちゃ忙しかった今日。
食べるという基本がちゃんとできない自分には
結構シンドイ・・回復がやはり遅い。 ←年齢のせい?
やっぱ有形無形の栄養が必要なんだろうか(笑)
お盆まで激忙しい予定だが、体が持つか少々不安・・・

そんな仕事帰り、ぼーっとバスを待っていたら
黒~いもやもやとした感覚がすっと心に入り込んできた。

見るとサトラレが通り過ぎて行った。
白い車が何故かくすんで黒っぽい様子にみえる。
一瞬垣間見たサトラレの顔も暗く見えた。
負の感情を抱えているように見えた。

それにしても・・・なんで伝わってくるんだろう。
相変わらず謎である。
[PR]

by nanbuneko | 2007-08-05 23:52 | 生モッケ | Comments(4)
2007年 07月 26日

幽霊の日

本日は「幽霊の日」だそう。
それにしてもいろんな記念日があるものだ。

仕事の方は、今朝確認したら全然何てことなく
幽霊の正体見たり枯れ尾花・・そのまんま。

妄想で膨らんでいく不安は
自分に対して自信が持てていないからだろう。
自分の存在を確認できるのは他者がいるからだけど
他者からどう見えるかに振り回されているようじゃ
情けないのう・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2007-07-26 23:58 | 生モッケ | Comments(10)
2007年 07月 24日

凹む

ちょっと仕事で気になることが・・・
間違ったかなあ・・単なる自分のチョンボならいいが
思い込みで相手に失礼な事をしたかもしれない。

明日は休みだがその事が気になって
どうも気分がすっきりしない。
ああ~何年生きても学習能力が足りないなあ、私。
そして、そんな自分がヒトからどう見られるかを気にしている。
器も小さいな~私って、更に凹む・・・・

そんなストレス気分のせいか
夕方食べたグミ系のお菓子にアレルギー反応。

嘔吐&心臓ドキドキで動けなかった。

タロット占いをしたら、本日の体たらく状態
哀しいぐらい当っていた。 くすん。

こんな時はお酒が飲めたらいいなあーと思う。
[PR]

by nanbuneko | 2007-07-24 23:42 | 生モッケ | Comments(4)
2007年 07月 19日

怪しげな注射

左手が若干動きにくい。
数年前からなのだけれど左手に上手く力が入らない時が有って
モノをよく落としたり キーボードも打ち間違いが多かったり・・
重いものを持った後、症状は酷くなる傾向がある。

以前、久々にギターを弾こうとしたら
左手に力が入らずちゃんとした音にならず
結構ショックを受けた。

病院に行くと鎖骨付近の神経が集まっている場所が
狭くなっているからでは無いか・・と言われた。
今のところ日常生活には問題なく暮らしている。

4年前診てくれた若い医師は
散々難しい専門用語で説明したのち
「とりあえず対処療法で・・・
ステロイド通常の3倍の注射を打ちますから」と言った。

その治療の後遺症についてカイロの先生から聞いた事があったので
ステロイドは嫌だと拒否すると

「・・じゃあ、昔から良く効くといわれている
成分は何だか解らない注射があるからそれを受けていって下さい」
と言い放った。

成分の良く解からん注射をどうやって処方するんじゃ!!
患者様」と呼んではいたが患者は馬鹿だと思ってるんだろうなあ・・
[PR]

by nanbuneko | 2007-07-19 23:58 | 生モッケ | Comments(6)
2007年 07月 18日

期日前投票

今日はお休み。
今の仕事は休日が不定期なのだ。

そんな訳で、今日は期日前投票に行ってきた。
一回やってみたかったんだ~
地元の小学校の投票所だと
妙な緊張感を感じるのだが(私だけか?)
期日前投票の会場はそんなことは無かった。

聞いたところによると
立会人としてずっと投票所にいると
後姿の記入中のヒトの腕の動きで
その人が誰を書いたか概ね解ってしまうらしい。

だから私はなるだけ腕を動かさないようにして書く。
下手な文字がさらに見苦しくなるけど(笑)

先日、仕事の帰りサトラレを再び見た。
今の職場のすぐ傍で2回目の遭遇、付近が縄張りか?(笑)
やっぱり遠くから「気配」が伝わってきた。
見るとそ知らぬ顔で通過していった・・・
実に不思議。
[PR]

by nanbuneko | 2007-07-18 19:06 | 生モッケ | Comments(6)
2007年 07月 11日

疑心暗鬼

ヒトの顔色の中に自分の姿を映し出そうとする。
良くも悪くも他人の反応が気になって仕方ない。

新しい環境は自分の細胞を甦らせてくれるような気もするが
消耗する事も多い。

歳は重ねても器の小さい自分。
・・器の大きさって変らないのかな?
外側の色や刻み込まれた景色が変化するだけなのかな?

今日は雨。
明日もかな?
先端恐怖症気味の自分には怖い季節。

アーケード街など 閉じた傘を後方に向けて
元気に腕を振って歩くヒト(年配の方に多い)って結構いるのだ。
私にとってその後ろを歩くのは
常に自分に対して先端が向かってくるようで
怖いのである・・・・・あ~いや~~
[PR]

by nanbuneko | 2007-07-11 23:34 | 生モッケ | Comments(6)
2007年 06月 27日

サトラレ再会

今日、横断歩道に佇んでいたら
「あれっ!」と言う声が聞こえた気がした。
見ると横断歩道50m位?向うの白い車が気になる。
前を通過する時、こちらをみている顔が・・・・サトラレだった。
数年ぶりで顔をみた。
・・・やはりサトラレサトラレだった・・・・
思い違いかも知れないが「聞こえた」気がした。

で、当方が考えた事が向うに聞こえているのかは
やはり謎のままだが・・・

さっき、カラダを鍛えようかと
流行のなんとかキャンプのマネをしていたら
息子が云った。

「それ・・猫踊り?」

・・・どうしても運動というより猫踊りにしか見えないそうである・・・
ふっ・・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2007-06-27 23:39 | 生モッケ | Comments(10)
2007年 05月 19日

エライおじさま

先日、盛岡駅での事。
構内で新幹線を降りたったばかりの
スーツ姿の6人ぐらいのおじさまの集団とすれ違った。

「ちょっと!ここってタクシー乗り場あるの? どこっ?」

その、あまりに横柄で傍若無人な声が
自分に対して向けられたモノとは初め思えなかったが
そのおじさまの団体の先頭を歩く一番偉そうな人
自分に問うているのだと気がついてむっとした。

無視してやろうかな~とも思ったが、せっかく盛岡に来たんだろうから
一応タクシー乗り場の位置を教えると
その一番偉そうなお人は礼も云わずさっさと歩いていく。
するとその後ろから歩いてくる他の5人のおじさまたちが
フォローするかのように
ありがとうございました
と丁寧に云ってくれた。

おじさまの世界も大変なのね・・・・・・
[PR]

by nanbuneko | 2007-05-19 23:58 | 生モッケ | Comments(4)