盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:介護生活( 94 )


2018年 11月 12日

患者帽子

時間が無くて撮れなかったけど
今朝の朝焼けはほんとにほんとに美しかった。
紫がかった赤が東の空を染め上げていた。


母の容態にすこし変化があって
患者帽子が必要になったので縫ってみることにした。

今夜は雨模様。

最近はまっているぺトロールズの「雨」を聴きながら チクチクお裁縫の月曜の夜・・・、
f0031978_21110261.jpg
日頃裁縫なんかしないのと 進んだ老眼が邪魔して 悪戦苦闘。

やっと2枚縫い上げた・・ふ~う。





[PR]

by nanbuneko | 2018-11-12 23:22 | 介護生活 | Comments(0)
2018年 10月 25日

満月



今日の岩手山

f0031978_19364961.jpg

冠雪はまだ

今日は穏やかないい日だった


母の調子があまり良くないので担当医から話を聴きに行った。



夜は満月


f0031978_19370012.jpg



月はいいなあ・・










[PR]

by nanbuneko | 2018-10-25 19:43 | 介護生活 | Comments(2)
2018年 04月 26日

風が強い日だった

春らしい日差しの日。
でも、日傘を差すのが大変なくらい風の強い日だった。

通勤途中見かけたこの木。

f0031978_19440146.jpg
自信はないけど たぶん「たらぼ」だよね・・・。



f0031978_19461546.jpg
山吹も咲き誇り

f0031978_19464961.jpg
それにしても今年は踊子草の繁殖がすごい。

一面占拠状態があちこちで見られる。



仕事が終わってから 母に会いに行った。

固形物を食べさせるのが難しくなってきたので

差し入れはもっぱら 流動的なもの。甘酒は定番。

そしてこのリンゴのすりおろしたのが、なかなか役に立っている。

f0031978_19503012.jpg
青森で製造されてるみたいだけど、岩手でもこういうの作ってくれないかなあ・・。

母に春の空気に触れさせたいけれど、だんだん難しくなってきた。







[PR]

by nanbuneko | 2018-04-26 19:54 | 介護生活 | Comments(0)
2018年 02月 04日

老人の取扱説明書

最近読んだ本


f0031978_10065693.jpg

納得することが多く

これから先、自分が「老人」と呼ばれる年代に突入する前に

やっておくことを教えてくれる本でもあった。

楽器、買おうかな~・・











[PR]

by nanbuneko | 2018-02-04 10:11 | 介護生活 | Comments(2)
2017年 10月 19日

餡玉


母に面会に行く。

水ようかんはお店で見かけなくなったので

梅月堂さんの餡玉を差し入れする。



f0031978_19191401.jpg

「美味しいな」という母にスプーンですくって少しずつ口に運ぶ。

小豆団子は厳しそうなので、私が食べた。

「いくつになった?」

近頃は、行く度私の年を確認する。

「あと何年働く? 仕事をやめたら私をお前の家においてくれ」

うんうん・・と頷きながら 

以前より咀嚼が大変そうになった母が餡玉をゆっくり食べるのを待つ。







[PR]

by nanbuneko | 2017-10-19 23:17 | 介護生活 | Comments(2)
2017年 09月 24日

快晴だった


快晴。


母に会いに行く。

「会いにこないから死んだかと思った・・」と母は言う。

確かに、ここ暫く会いに行く間隔が空いているので申し訳ない気持ちになると

「○○子(姉)も来ないけれど 生きているのか?」と母は言った。

姉は昨日面会に来たはずなので、記憶はかなり曖昧になってきているようだ。


羊羹を食べたがっているが、普通の羊羹ではうまく咀嚼できないので

水ようかんとかプリンとか、そういった柔らかいものを最近は差し入れする。


面会の帰り、運動会の小学校の横を通った。

以前なら、そういう子供たちの姿を車いすから目を細めてみていた母だけれど

今年はもう、連れ出すのが難しい体調になっている。



今日のお香

f0031978_19382368.jpg
とっても上品な香りで心が和らぎます。











[PR]

by nanbuneko | 2017-09-24 19:38 | 介護生活 | Comments(0)
2016年 12月 14日

食べないということ

ここ暫くは、週のうち2,3日は仕事の後、母に面会に行っている。

相変わらずあまり食べようとしないので

プリンや羊羹やすりおろしたリンゴや甘酒・・・母の食べそうなものを持参して

少しづつスプーンで口に運ぶ。

思いのほか抵抗なく食べてはくれるが、

数口食べると「ダメだダメだ!」と

母は自分に言い聞かせるように首を振り

食べない!と意思表示する。

それでも、無理強いしない程度に勧めるとまた数口食べて

また拒絶を繰り返す。

母の「即身仏になりたい」という希望を 私は邪魔しているような気分になる・・・

が、やはり食べてほしいと思う・・・。

なんともいえない矛盾した気持ちを味わう。



f0031978_19293886.jpg

もうすぐクリスマスかあ・・・。なんの飾りつけもしてない我が家。 (写真は職場)

気持ちも殺風景だなあ。













[PR]

by nanbuneko | 2016-12-14 19:31 | 介護生活 | Comments(0)
2016年 11月 24日

全拒否

さざ波のような雲が幾筋も伸びていた朝。

f0031978_21155507.jpg



今朝も地震のニュース。


母が飲食・会話完全拒否している・・という連絡が施設から入ったので

施設に出向きスタッフさん達といろんな相談をした。

子供返りなのか・・反抗期なのか・・即身仏でも目指しているのか・・・

痩せて言葉も発しない母。


試しに、近頃母が気に入っているモンブランをスプーンで口に運んでみると

どうしたことか1個まるまる平らげた。

序に予備に持参したプリンも完食・・・・・。

痩せて機嫌悪そうな顔をしてはいたが

「明後日もまたおいしいものを持ってくるね」というと

手を振ってベットの上から見送ってくれた。

母の胸の内は理解できないけれどしばらくは食べてもらうため

仕事の帰りにマメに面会に行くことにした。

f0031978_21164513.jpg
もうすぐ12月になるね・・・・












[PR]

by nanbuneko | 2016-11-24 23:35 | 介護生活 | Comments(0)
2016年 10月 09日

星空がきれい・・

母に面会に行く。

例によって「施設を出る。お願いだから・・・」と懇願される。

その話は若干スルーしながら、持参したモンブランをスプーンで母の口元に運ぶ。

気に入ったようで、美味しそうにまるまる1個を平らげた。

クリームの部分は問題なかったが

カステラ部分に行くと水がないと上手く呑み込めないようだったから

一人っきりでの飲食はもう厳しいんだろうな・・・

(先日ものどに詰まらせて蒼白になり、スタッフさんに吸引してもらったらしい)


母は「美味しいな」と幸せそうな顔をしたので

姑息な私は、その隙に付け入る様に母の若いころの得意だったことに話を向けて

母に(もう何度も何度も聞いた)昔の話をしてもらい、出来ない話から遠ざけた。


その頃の母のことを聴きながら褒めながら

人は誰だって自分の生き方を認めて欲しいし

心に寄り添ってほしいものなんだろうな・・と考えた。



今、外を見たらとてもきれいな星空だった。

明日は冷え込むんだろうな・・・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2016-10-09 23:44 | 介護生活 | Comments(0)
2016年 09月 11日

ばば蜻蛉

いいお天気でした。

母に会いに行く。

「おはよう」と声を掛けると母はしばらく考え込む。

最近、私が私だと認識するのに時間が掛かるようになった。

視力のせいと思いたいが・・・。

差し入れの水ようかんを食べながら、母は

「家に帰るから、お前も一緒に帰ろう」と言い出した。


気分転換に、外に出て車いすを押して散歩をする。

たわわに実った栗やススキや萩の花を一緒に眺める。



f0031978_2018419.jpg


茶色の蜻蛉、子供のころ「ばばとんぼ」と呼んでいたなあ・・・



母は「秋」とやがてすぐ訪れる寒い季節を認識したのか

「春になったら、一緒に家に帰ろう」と少し訂正した。



帰り際、エレベーターに乗るまで送ってきて

「帰るから、頼むね」と念を押される。

外に出ると、親不孝な私は若干の開放感を味わうが

見上げた空の青がすこし切ない・・・。
[PR]

by nanbuneko | 2016-09-11 23:25 | 介護生活 | Comments(4)