盛岡もののけ日記

nanbuneko.exblog.jp
ブログトップ
2006年 07月 23日

やがて来る日?

以前、友人k子と茶飲み話に
「私が死んだら、岩手山に散骨してくれない?」と言った事がある。

「え、てことは登山しなきゃいけないのか」
k子は登山はしない。

「じゃ、8合目で許すから」
「登れるかなあ・・・」

「じゃ、5合目におまけするから!」
「焼走りの辺りも岩手山の裾野ではあるわよね」

「・・・・・・・・・線香だけは上げて頂戴ね・・」

まあ冗談はともかく 若い頃と違って
自分の行く末の事も描いてしまう歳になってきた。

17歳の時ガンで死んだ同級生が居た。
彼女とは志望校が同じだった事もあり、
中三の頃は一緒に下校したり良く話もしていた。

ある日「死」について話し合った時、 
焼かれて煙になって空に上りたい私とは違って
彼女は「体を焼かれるなんて絶対嫌!」と言っていた。

短い生涯だった彼女のお葬式は
煌びやかな布に包まれた縦棺を土葬し
同級生皆で 土を被せた。

自分の遠いか近いか解らないけど あっちの世界へ向かう時、
そんな時ぐらい自分の好きなようにさせて欲しいものだ・・と
今は思う。


※ 条例で原則的に火葬が定められているが
   許可が得られれば土葬も可能だ・・とその時きいたが
   実際に彼女の意思通りに行われたのか
   縦棺という形式で意を酌んだのかは解らない。
   誰もそんなことは聞けなかった。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-07-23 16:18 | その他 | Comments(10)
2006年 07月 21日

山頂の夢

夜中3時に眼醒めて眠れなかったせいか、午前中はダウン。
熱は無いが寝込んでしまった。
午後はナントカ起き出して辛うじて日常をこなす。
夜は細切れに眠りつづけた・・・

夢を見た
強く吹く風の中、私は日傘と雨傘と2本を抱えていたが
「もう要らないんだ・・・・」と傘を差すのを諦めている。

場面は変わり山頂に居る。
蒼い・・蒼く暗い空と山。明け方のような静まり返った風景。
隣に20歳前位の目の綺麗な少年が居る。
何も言わない。
ここに居るのはまずいのでは?
隣の山には残雪が見える。

眼が醒めたらAM0時に少し前だった。

・・・・・・・・・・高校のとき、同じような夢を見た。
その時も体が不調で、病院など親に連れて行かれたが
特にコレといった悪いところは見つからず
ただただ具合が悪く、もともと色は白い方だが
漉けるように蒼白い顔色になり 自分も親も不安だった。

その時も蒼い山の夢を見た。
夢の中、蝋燭2本が丈も短くなりやっと燈っている画も浮かんだ。
「あの蝋燭、もうすぐ消えるな・・・」と思いながら
蒼い山を登ろうとしていた。
空気は異様に澄んでいる。
廻りに早くにガンで死んだ同級生が居るのを感じた。
その時 もう一度蝋燭を見ようと振り返る
2本の蝋燭はさっきとは替わって長く長く 伸びていた
私は山を登るのを止めた - そんな夢だった・・・・・・・


さっき見た夢は・・・山のてっぺんに登っちゃったけど・・
(ちょっとやばくないかい?)
まあ考えても仕方ないか。 夢はあくまで夢
[PR]

# by nanbuneko | 2006-07-21 23:59 | | Comments(6)
2006年 07月 20日

カマイタチ?

昨夜、寝る前に右手首に縦に2cmほどの切り傷があった。

朝起きると、
今度は横に2cm更に手の甲にも1cm程の傷ができていた。
はて? 
昨夜はどうも自分の体の廻りに静電気のような感じが
すろすろと纏わり付いて不快だったがそのせいで切れたのか?

小学生の時、下敷きを擦って静電気で遊びませんでした?

あんな風な「ふわ~」とする感覚が 
腕とか足首とか頭とかに急に纏わり付いてくる。
髪の毛の中にそれを感じると
とうさん、妖気を感じます!」って台詞を思わず言いたくなる・・・

髪が欹だつ感覚は 下敷きで遊んだ時よりも
ピンスポットな感じで そして不快だ。

今日は目眩と吐き気もして不調。
本は読まずさっさと寝よう。
[PR]

# by nanbuneko | 2006-07-20 19:58 | もののけの気配 | Comments(2)